新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-33 北限の茶どころと新潟のお茶 ~ 北限の茶どころで「村上茶ムリエ」に

file-33 北限の茶どころと新潟のお茶 ~北限の茶どころで「村上茶ムリエ」に



北限の茶どころで「村上茶ムリエ」に

村上茶の歴史

murakami_yabe

この日の講師は矢部智弘さん。金と銀の二つの茶筒に入った別々のお茶の葉を「一つは100g300円、一つは100g1000円の葉です。どっちがどっちか、分かりますか?」と最初はクイズ形式です。その後、1000円のお茶と300円のお茶の違いやそれぞれをおいしくいれるコツをうかがいました。

 山形県境に近い新潟県村上市。ここでお茶の栽培が始まったのは江戸時代の始め、1620年代のことです。希少価値の高かったお茶は、全国各地で栽培が試みられ、新潟県内でも各地で取り入れられましたが、現在も産地として残っているのは村上だけ。全国的に見ると、栽培と製造販売までを行っている産地としては、ここが北限となっています。

 1674年には「茶畑役」という税ができていることから、村上藩も栽培を奨励し産業として成り立っていたことがうかがえます。そして明治に入ると、茶は外貨が稼げる輸出品として脚光を浴びます。全国的に茶が増産され、村上でも最盛期の栽培面積は650ヘクタールに上りました。明治の半ばには紅茶の製造も行われ、主にアメリカなどに輸出されています。

 しかし、その後は絹の輸出が盛んになって茶畑が桑畑に変わったり、戦中戦後の食糧難、戦後の都市化で茶畑は減少を続け、一時は20ヘクタールにまで減少。現在茶畑は微増して22ヘクタールほどになりました。とはいえ市内には現在11軒のお茶屋があり、うち半数ほどが栽培、製造、販売を一貫して自社で行っています。

 村上茶の特徴は、全国的に少なくなった在来種が多いこと。中には江戸時代から続く茶の樹もあり、昔ながらの茶の味を守っています。また、並行して生産量を確保するために「やぶきた」をはじめとする優良品種の新植も行われています。


村上茶ムリエになる

murakami_t

村上茶ムリエ講座は、昔ながらの町屋で開催されていますので、町屋の雰囲気ごとお楽しみ。あたりにお茶の良い香りがただよいます。

murakami_a

お茶の葉の特徴やお湯の温度と抽出成分などについてお話をうかがった後は、実習タイム。「大事なことです。いれた後は、急須の中のお茶がむれないようにふたを開けてください」と説明されているのですが、つい忘れてしまいます。


murakami_g

グループに分かれて一人一人お茶をいれ、全員で飲みます。同じようにいれたつもりでも人によって味が違う不思議を味わうことになります。おなかもいっぱいになります。

 機械製茶になる前に行われていた手揉製茶の復活や、明治に行われていた紅茶の復刻、茶葉による染め物など、村上市では「北限の茶どころ」をさまざまな場面でPRしています。「村上茶ムリエ」もその一つ。日本茶インストラクターでもある飯島剛志さん(冨士美園)、矢部智弘さん(常盤園)のお二人が講師となって、煎茶の味を引き出すいれ方、お茶の値段や成分などについて、お話してくれます。普段飲んでいるお茶でも、ここでコツを覚えれば「お茶っ葉変えた?」と言われること必至です。

 飯島さんは新潟県村上茶手揉保存会の会長でもあり、手もみ製茶技術競技大会で2008年には最優秀賞を獲得しました。忙しい合間を縫っての村上茶ムリエ講師ですが、飯島さんは「村上でお茶の作付けを増やし、皆さんにおいしいお茶を飲んでもらいたい。たくさんの人に、生活の中にお茶を採り入れ、もっと豊かに楽しんでもらいたい」と話します。村上茶ムリエ講座は、これまで500人を超える人が受講し、村上茶ムリエに認定されています。


村上茶ムリエ講座は村上市観光協会が、月2回(10月から2月の間)開催しています。開催情報は随時ホームページ等で公開しています。
お問い合わせ、参加申し込みは村上市観光協会までお願いします。











次ページ → 富山だけじゃないバタバタ茶

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve