新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-35 北前船が運んだもの ~北前船とは

file-35 北前船が運んだもの ~北前船とは



北前船とは


船絵馬

船絵馬」
天保13(1843)年、日吉丸と住吉丸の船絵馬。胎内市荒川神社に奉納されていたもの。北前船の船主または船頭が自分の船の絵を絵馬師に描かせ、海上安全の祈願や感謝の気持ちを込めて、神社などに奉納したものです。
(写真提供:桃崎浜文化収蔵庫)


白山丸

「白山丸」
佐渡国小木民俗博物館に展示されている「白山丸」は、現存する板図をもとに、江戸時代に建造された船を原寸大で忠実に再建したもの。7月の白山丸祭りでは、青空に帆を広げた姿を見ることができます。
(写真提供:佐渡国小木民俗博物館)

 北前船は、瀬戸内から松前の間の日本海側を航行する、積み荷を各地で売買する商船(買積み船)のことを指します。後にそう呼ばれるようになったもので、当時は「北国船(ほっこくせん)」とか「弁財船(べんざいせん)」などと呼ばれていました。北前船が活躍したのは江戸時代の半ばから明治の20年代ごろまで。流通が発達していなかった当時、ものの値段は地域によってまちまちでした。北前船はものを安いところで買い、高いところで売りさばき、その差益で成り立つ商売です。北前船が盛んに行き来する日本海沿岸の諸都市は、船が運ぶ利益とモノと情報で栄えました。

 瀬戸内から松前まで、江戸時代に一気に航路が栄えたわけではありません。日本海での船の行き来は昔からありましたが、ほぼ自給自足に近い生活をしていた頃は、税を除けば国をまたいで運ぶものはわずかで、長距離輸送に耐えて大量にものを運べる船もありませんでした。戦国時代になると、越後から青苧(あおそ)を積んだ船が盛んに越前の敦賀へ航行するようになります。当時は京都が日本の中心地で、北陸、東北からは敦賀から琵琶湖を経由して京都へ向かうルートを使い、それを超えて西国や、瀬戸内経由で大坂などへ行くことはありませんでした。西では西国の船が航行し、敦賀や琵琶湖のほとりの大津が西と東の接点、東西から来る船の折り返し地点でした。

 これが崩れるきっかけになったのは豊臣秀吉の時代です。大坂城築城など大規模な土木工事を行ったこの時代、木材や石材の近郊での確保が難しくなります。秋田など全国各地から木材を取り寄せる際、積み出し港から直接大坂で陸揚げされるようになりました。朝鮮半島へ派兵した文禄の役(1593年)では、越後の上杉家も含め全国の大名が、これまで東西の境界となっていた敦賀を越えて佐賀に集結しています。

 江戸時代に入ると食糧が安定して生産できるようになり、各地で採れた作物を出荷するため、輸送への需要が高まります。諸藩は徴収した年貢を、できるだけ高い値段で売れる場所へ、しかもできる限り低いコストで運ぼうとしました。船での輸送は難破や漂流の危険が伴い、本州を一回りするわけですから日数もかかりましたが、陸路で運ぶよりは安く済みました。一方、幕府は江戸市中の米不足解消のため奥羽地方の幕領(ばくりょう)から、太平洋側を通って江戸まで米を移送するための航路開設を河村瑞賢(かわむらずいけん)に託します。その成功の後1672年には出羽の幕領から日本海側を通って江戸へ移送するルートを整備。これがいわゆる西回り航路です。このルート整備以降、発展をすることになりました。

 年貢米の売買、商品経済の発展に加えて蝦夷地(現在の北海道)の開発が進みます。当時蝦夷地は、昆布やニシンなど特産品に恵まれる一方、主食の米が実らない土地であったため、北前船にとっては格好の拠点となります。江戸時代後半は米の凶作が続き、米の他国出しをストップする藩が続出しますが、その間北前船の繁栄を支えたのは蝦夷地でした。

航海図
「航海図」北前船の航路と主な寄港地。この航路を通じて、日本各地がつながっていました。


次ページ → 新潟からの移出入

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve