新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-49 マンガ王国・新潟 ~マンガ王国・新潟ができるまで

file-49 マンガ王国・新潟 ~マンガ王国・新潟ができるまで

  

マンガ王国・新潟ができるまで

新潟出身のマンガ家たち

 新潟は県下全域でマンガ家を輩出している。新潟市では、「ドカベン」の水島新司、「うる星やつら」の高橋留美子、「パタリロ」の魔夜峰央など、中越地方では「るろうに剣心」の和月伸宏、「Dearb oys」の八神ひろき、「頭文字D」のしげの秀一など、マンガだけでなくテレビアニメ化や実写映画化になった作品も多い。

 また、出身地・新潟の要素が作品の中に取り入れられているケースもある。「るろうに剣心」のキャラクターの名前には、新潟県内各地の地名が使われていたり、水島新司の「あぶさん」では新潟の野球場やお酒なども登場したりと、新潟県出身者にとっては「おっ」とうれしくなる瞬間だ。

「ドカベン」

水島新司
新潟市出身。「ドカベン」や「野球狂の詩」など野球漫画の第一人者。新潟市古町通5番町「水島新司マンガストリート」に並ぶ山田太郎らの銅像は有名。
(c)水島新司/秋田書店


「犬夜叉」

高橋留美子
新潟市出身。「勝手なやつら」でデビュー。このほか、「うる星やつら」、「めぞん一刻」、「らんま1/2」、「犬夜叉」など、誰もが知るヒット作が多い。
(c)高橋留美子/小学館

マンガ家が多い理由とは

 そもそも、なぜ新潟にはマンガ家が多いのか。日本アニメ・マンガ専門学校の小池利春さんに話を伺った。「よく言われているのは、雪で外に出られないからこたつで絵を描く“こたつ文化”が背景にあったという説。これも一理あると思います。ただ、歴史背景から紐とくこともできます。マンガ家の第1世代は赤塚先生や水島先生たちの新潟にゆかりがあったり、新潟出身者が多かった。これらの先生方が“ひと旗あげよう”と、必死に頑張ったおかげでマンガが広まり、その次の第2世代の魔夜峰央先生、高橋留美子先生が登場。そして、同人誌が広まりマンガの専門学校も設立されて“自分も描きたい“という人が急激に増えた。これが今の第3世代です。生活に密着して、より身近になったことが、マンガ家が増えた原因だと思います」。隣のお兄さんがマンガ家だったり、友達がマンガを描いていたりと、”マンガを描く環境“が、生活に浸透したからこそ、マンガ家が増えたのかもしれない。

「るろうに剣心」

和月伸宏
旧三島郡越路町(現長岡市)出身。長岡高校卒業。高校在学中に「ティーチャー・ポン」で第33回手塚賞佳作を受賞しデビュー。「るろうに剣心」は世界的にヒットした。
(c)和月伸宏/集英社


「砂山」の歌碑

小池利春さん
日本アニメ・マンガ専門学校、マンガクリエイト科学科長。講談社でマンガを描いていた経験を持つ。

小学生からマンガを楽しめる舞台 ~ガタケット~

 来年で設立30周年を迎える同人誌の展示即売会「ガタケット」も、マンガ家を輩出する要因のひとつ。発足当時は出展サークルが50程度で、来場者も300人ほどだったが1990年代には3,500サークルが集まり、客も約25,000人に増加した。ここに参加した小中学生が有名マンガ家になった例もある。事務局代表の坂田文彦さんはこう言う。「小学生でも参加できますから、手前味噌ですがガタケットの影響は少なからずあると思います」。ひとりでただマンガを描くだけではなく、発表して客の反応を見て試行錯誤することができる場が、新潟には定期的にあるのだ。

坂田文彦さん

坂田文彦さん
同人誌即売会ガタケット事務局代表。万代BP2にオープンした撮影スタジオ「ガタケットコスプレパーク」の運営も手がける。


次ページ → 新潟から発信する若手マンガ家たち

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve