新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-53 ロケ地としての新潟(前編)

file-53 ロケ地としての新潟(前編)

  

新潟の魅力は、風景と食と新潟人

新潟ロケが増えた背景

田中克典さん

田中克典さん。兵庫県神戸市出身。新潟県フィルムコミッション協議会のコーディネーター。CM制作会社の経営を経て、2008年より現職。


渡辺千雅さん

渡辺千雅さん。熊本県天草市出身。長岡フィルムコミッション会長、「長岡映画」製作委員会代表、長岡まつり副実行委員長を務める。中越大震災を描いた映画「マリと子犬の物語」の支援にも携わった。


 近年、新潟でロケをする映画が増えている。長岡花火を題材にした大林宣彦監督の最新作「この空の花」や、燕・三条エリアでのロケに加え、キャストも新潟県にゆかりのある人たちで作られた「アノソラノアオ」、オール佐渡ロケの「佐渡テンペスト」など、話題作が続々と公開だ。映画のほか、テレビドラマやバラエティ、CMも含めて年間50~80本が県内各地で撮影されている。

 数年前まで、県内あちこちで撮影はあったものの「オール新潟ロケが少なく、新潟を題材にした映画がほとんどない」と言われていた。しかし、2010年頃から一気に増加。その背景を新潟県フィルムコミッション協議会の田中克典さんに伺った。「やっぱり、人のつながりでしょうね。映画制作のプロジェクトは、各分野のスペシャリストが集結して、作って解散して、また集まるもの。そこで、ロケ地を選ぶときに新潟の風土、食、人が大きなポイントになるんです。決め手として風景はもちろんのことサポート力も高く、“ご飯も酒もうまかった。また、新潟にしようか”ということになるんです」。各要素がトータルで評価されて関係者にじわじわ伝わった。「それに加えて、映画関係者に新潟県各地のフィルムコミッションが認知されてきたんだと思います」。田中さんの人脈の広さ、人柄も一役買っている。ある映画の台本を読み、「これは新潟にぴったりだ」と台本を書き換えてもらい、ロケを新潟に誘致した逸話もある。
 

地元の人の気遣い、あたたかさ

 「新潟、いいよね」と関係者に言わしめたのは、米と酒はもちろんのこと、地元の人のあたたかさもある。「この空の花」の大林宣彦監督は長岡市に約1カ月半滞在し、地元の人と親密な関係になったとか。「一生の友達がたくさんできたな、という気がしています」とインタビューで答えている。長岡フィルムコミッション会長の渡辺千雅さんも、「早朝から夜中まで撮影があって、逃げまどうシーンで騒いでいるのに、地元の方は逆に“映画にしてくれてありがとう”と言ってもらいました。朝採りの野菜や果物を差し入れしてもらったときは、本当にありがたかった。夏場の過酷なロケで食欲の落ちるキャストも多い中、新鮮なお漬物で生き返った人もいました」。200人という大量のロケ弁を地元のお母さんが協力して作ってもらったこともあった。「いざというときに汗を流してくれる、あったかい人たちが多いです」。渡辺さんは熊本県出身で、ご主人の転勤にともなって長岡市に在住。25年住んでいる今も、自分自身のことを「よそ者」と表現する。「だからこそ、長岡の魅力が見えてくるし、それをアピールできる。よそ者は地域の中に飛び込む勇気が大切です。”新潟は排他的”とイメージされがちですが、それは、知ろうとする努力をしていないだけ」とにこやかに笑う。

この空の花-長岡花火物語
「この空の花-長岡花火物語」
©2011「長岡映画」製作委員会PSC 配給/TME PSC
映画は長崎の原爆被爆者2世で熊本県の新聞記者(松雪泰子さん)が長岡を訪れ、長岡まつり大花火大会を通じて、長岡空襲にまつわる不思議な体験をする物語。


平和の森公園
平和の森公園は渡辺さんが大林監督にロケ地として勧めた場所。
映画の中でメインロケ地になり、撮影時には300人余りのエキストラが集合した。



次ページ → 映画を通じて新潟を再発見

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve