新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-67 ロケ地としての新潟(後編)

file-67 ロケ地としての新潟(後編)

  

ロケ地としての佐渡の魅力

自然がそのまま残る佐渡

佐渡テンペスト_スチール

撮影場所は旧相川交流所、佐渡金山、長手岬、清水寺、宿根木など、さまざまな場所で行われた。(佐渡テンペスト)  ©百米映画社


佐渡テンペスト_2

ロケの撮影は3月。吹き付ける雪や荒々しい日本海など、佐渡の冬景色も描かれている。(佐渡テンペスト)
©百米映画社

 佐渡がロケ地として注目され、オール佐渡ロケの映画2作品が制作された。2013年10月5日(土)公開予定(※1)の「飛べ! ダコタ」は、戦後間もない時期に佐渡市で起きた実話をモデルにした、英国輸送機ダコタの乗組員と島民の交流を描いたヒューマン・ドラマ。もうひとつは、2012年春に公開された「佐渡テンペスト」(※2)。シェイクスピアの「テンペスト」を原作とし、佐渡島に幽閉されたミュージシャンが厳しい環境の中で音楽に向き合い、社会を変えていく物語。これら映画ほか、お笑い番組のロケやCMなどで、佐渡を使うケースが増えている。
(※1)新潟県内の映画館では、9月7日(土)から先行上映されます。
(※2)新潟市中央区の市民映画館シネ・ウインドで、8月30日(金)まで公開中です。

 映画ロケ地としての佐渡の最大の魅力は、原生林をはじめ、昭和時代の街並みや佐渡金山の鉱脈などが、そのままの姿で残っていること。「佐渡テンペスト」の誘致に尽力した元佐渡フィルムコミッションの祝(ほうり)雅之さんは、「佐渡は昭和一桁の時代の様子も撮れるし、佐渡金山周辺の近代遺跡群を使えば近未来のものも撮れる。映像の仕事にはもってこいです」と話す。2009年に毎年、首都圏で開催される関係者向けのロケ地フェアでジョン・ウィリアムズ監督に出会い、佐渡の魅力を伝えてきた。その後、初めてジョン監督が佐渡を訪れたときも祝さんが観光地を案内。「いろいろ案内はしたのですが、あまり冴えない顔をしていて(笑)それで、清水寺(せいすいじ)という、かわった形のお寺に連れていったら感動してもらったんです」。祝さんが機転を利かせたおかげで、ジョン監督の心をつかむことに成功。それからもジョン監督は7回ほど佐渡を訪れ、祝さんと酒を酌み交わした。祝さんはその都度、魅力的な能舞台や佐渡金山、世阿弥など、佐渡の伝統と歴史を伝えた。「日本の伝統芸能は光と影を大切にしていますよね。例えば、薪能は真っ暗な中でかがり火を焚いて、風の音、薪が割れる音、虫の声を感じながら観るものです。それが不思議な文化だと映ったようです」。ジョン監督は「素晴らしい!」と何度も言っていたとか。そんな対話が最終的にオール佐渡ロケ映画の誕生に結びついていったのである。
 

佐渡テンペスト_3
「佐渡は都会にいるときよりも、もっと春を感じます」と祝さん。映画の終盤には冬が終わり、島に暖かい日差しが春の訪れを告げるシーンも。(佐渡テンペスト)  ©百米映画社

ジョン監督が影響された順徳天皇の歴史

 中でもジョン監督が一番刺激を受けたのは順徳天皇の歴史だった。順徳天皇は後鳥羽天皇の第三皇子。幼少のころから学問を好む賢い性格で、政治にも興味があり、後鳥羽天皇から大きな期待を寄せられていた。父親とともに鎌倉幕府打倒に立ち上がったものの、敗北に終わり(承久の乱)、親子3人が佐渡に配流に。その後、順徳天皇は佐渡で1男2女をもうけ、父や兄の死後に息子に皇位を継がせる要求をしたが却下され1246年に46歳で自害した。能楽の世阿弥も佐渡に配流されたひとりだ。ジョン監督がこれらの配流の話から受けた強い印象は、史実を彷彿させるストーリーとして映画に反映されている。映画は現代社会が崩壊した未来の日本が舞台。主人公のロック歌手は独裁政治を批判し、政治犯として佐渡に送られる。そこで島の芸能文化に触れ、新しい歌を作り、 日本に自由の心を取り戻していくというもの。「この歴史の深さを若い人に知ってもらいたい」とジョン監督はインタビューで答えている。

エキストラがきっかけで、佐渡の魅力を再発見

 「いつか映画を撮りたい」と言う佐渡市在住の川岸淳さんは、エキストラ募集の告知を見つけすぐに応募。オーディションを経て、主人公の屋外作業を見張る看守役を務めた。現場に入ることで、監督の熱意や役者の俳優魂を知り、ずっと心の中で温めていた映画制作の夢が強くわき上がってきた。「真冬の海辺の撮影は寒くて大変でしたが、佐渡は年間でいろいろな表情を撮影できる最高のロケーションだと実感しました」。佐渡の魅力も改めて肌で感じた。映画の中では佐渡の伝統文化や荒れる日本海など、佐渡の魅力がたっぷり詰まった作品となっている。



次ページ → 佐渡の人の優しさ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve