新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-68 にいがたの美術館・博物館めぐり(後編)

file-68 にいがたの美術館・博物館めぐり(後編)

  

芸術の秋をもっと楽しむために。

癒しの庭園で、お茶の魅力を満喫 ~木村茶道美術館~

木村茶道美術館_外観庭園

緑豊かな美しい日本庭園に佇む茶道専門美術館。紅葉のライトアップ、風情ある雪景色と、季節ごとの風景でいつでも訪れる人の心を和ませ、癒してくれる。


木村茶道美術館_作品

色、艶、カタチ、独特の模様など、それぞれの魅力と味わいを持つ茶碗。制作された時代や作家の個性から、お気に入りを選んでお茶を楽しむこともできる。

 約4,000坪の広大な日本庭園「松雲山荘(しょううんさんそう)」内にある、四季の移ろいが美しい美術館。全国的にも珍しい茶道専門の美術館で、収蔵品を実際に手に取って、お茶をいただくことができる体感型の美術館です。古いものは6~7世紀の中国(隋時代)の器から近代的な日本の美術品まで、柏崎の寒香庵・木村重義翁(かんこうあん・きむらしげよしおう)が収集したコレクション、約1,600点を展示。陶器、茶道具、床の間の掛け軸など、日常生活の中に見る身近な美術品の数々が来館者の目を楽しませてくれます。
 茶道美術の魅力は、まず使ってみることが大事。見るだけでなく、手に取ってみて初めて本来の美しさ、奥深さが分かるといいます。お客様をもてなし、楽しませてこその茶道具。使用する用途やシーンを限定することなく、創意工夫を楽しむ姿勢も大切なポイントです。これなら、「茶道は敷居が高そう」と二の足を踏んでいた方にも、自由な発想でお茶を楽しんでもらえそう。
 古き良き日本の伝統が希薄になりつつある現代。優美な庭園で五感をうるおしながら、改めて日本の暮らしの良さ、和の心を実感してみてください。若い世代の方もぜひ訪れていただきたい美術館です。

家族みんなで楽しめる、個性的な企画展&イベント
~新潟市新津美術館~

新津美術館_外観

黄色い外壁が目を引く美術館。「花と遺跡のふるさと公園」内にあり、豊かな自然とともにゆったりと過ごすことができる。

 1997年、新津市美術館として開館し、2005年の新潟市との合併を経て、2006年から新潟市の施設となった「新潟市新津美術館」。1897年(明治30)年の新津駅開業以来、鉄道の要衝(ようしょう)として発展してきた街であることから、正面玄関はラッセル車※注(1)の形状をしています。
 一歩、館内に足を踏み入れると白い大理石でできた階段状のアトリウムが広がり、美術館のロゴマークになるなどシンボルになっています。天井高10mの2つの展示室では、近現代の日本画や洋画、現代美術、写真展、絵本原画、漫画・アニメーションのサブカルチャー展など、絵画だけにとらわれないさまざまな企画展を開催。2010年には、郷土の洋画家・笹岡了一(ささおか・りょういち)などの収蔵品を展示する常設展を開始しました。
 「子育て中の方にも美術館へ足を運んでもらいたい」という思いから、館内にBGMを流して子どもたちが声を出しても気にならない「子どもタイム」を設けるほか、無料の託児サービス(生後6ヶ月~未就学児対象、事前申込み制)も行っています。子どもが喜ぶ企画展はもちろん、文学と音楽を融合した公演「シーズン・アンド・アート」など、あらゆる年代の人が楽しめるイベントを展開中です。2階のカフェでは軽食や小さいサイズのキッズドリンクも提供。隣接する新潟県立植物園や歴史施設などとともに、一日を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 ※注(1)=線路を除雪する車両。
 

アトリウム
白い大理石でできたアトリウムでは、展示やミュージアム・コンサートなども開催している。


古来の暮らしが見えてくる、国宝&重要文化財 ~十日町市博物館~

十日町市_火焔型土器

1999年、国宝に指定された深鉢型土器(通称:火焔型土器、指定番号1)。日本の原始美術を代表する造形美に、海外の展覧会でも高い評価を得ている。


十日町市_復元民家

昭和40年代まで実際に生活していた民家を移築復元したもの。展示の様子は、大正10年頃の暮らしをイメージしている。便利に、快適になった現代の生活と比較することで新しい驚きや発見に出合えそう。

 展示のテーマは「雪と織物と信濃川」。数万年前から続く歴史の深さを感じさせる博物館です。3つの展示室では、国宝の「笹山遺跡出土品」をはじめ、重要有形民俗文化財である「越後縮(えちごちぢみ)の紡織(ぼうしょく)用具」と「十日町の積雪期用具」など、数多くの収蔵品を展示しています。
 笹山遺跡出土の火焔型(かえんがた)土器は、縄文土器として初の国宝に指定されたもの。これは1点のみならず、火焔型土器や王冠型(おうかんがた)土器を含む「深鉢型(ふかばちがた)土器」として57点、そのほか、多数の土偶や石器などを含め、全部で928点が一括して国宝に指定されています。深鉢型土器は、片寄りがないように3つのグループに分けて順番に展示しているので、いつ行っても火焔型土器や王冠型土器を観賞することができます。ただし、どうしても右の写真の火焔型土器(指定番号1)を見たいという方は、事前にお問い合わせを。炎が燃え上がるような力強い造形美や、縄文時代ならではの味わい深い表情をぜひお楽しみください。
 郷土植物園や奈良時代の復元住居などの屋外展示もあり、さまざまな角度からふるさとの歴史や生活を考えることができる貴重な博物館。原始から古代、中世、近世、近・現代へと時代が移り変わっていく様子を間近で体感できるので、地域文化を学ぶためのうってつけのスポットと言えます。


次ページ → 特色ある展示から、地域文化の魅力を再発見。

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve