新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-70 にいがたの人形芝居

file-70 にいがたの人形芝居

  

にいがたの人形芝居の歴史

日本の伝統芸能「人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)」

田巻明恒さん

田巻明恒さん
新潟市在住の演劇研究家として幅広く活動されています。りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館での文楽講座や歌舞伎講座、NHK文化センター「歌舞伎もの知り学」などで、文楽や歌舞伎についてわかりやすい解説に定評があります。

 日本の伝統芸能といえば、能、歌舞伎、そして人形浄瑠璃の三つが挙げられます。人形浄瑠璃とは、浄瑠璃と呼ばれる語り物に合わせて、人形を操る芝居のことをいいます。人形浄瑠璃は、1684年に竹本義太夫(ぎだゆう)が道頓堀に竹本座を創設して以降、庶民の娯楽として発展していきました。竹本座では、当時の名作者近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)の作品を上演して、大変な人気を集めたそうです。
 演劇研究家の田巻明恒(あきひさ)さんによれば、「義太夫が、それまでの浄瑠璃で語られていた仏教説話ではなく、当時の現代劇(世話物)を上演してそれが話題になりました。浄瑠璃といえば、義太夫節を意味するほどとなり、義太夫より前のものを総称して“古浄瑠璃(こじょうるり)”と呼ぶようになった」そうです。
 一方、浄瑠璃に合わせて人形を操ることを“遣う(つかう)”といいます。竹本座に登場する人形は、一体の人形を一人で操る“一人遣い”というものでした。その後、次第に改良が行われ、一体の人形を三人で操る“三人遣い”が考案されました。


祭りと融合し、絶えずに続いた人形芝居

巫女爺人形操り

中越地方に残る「巫女爺人形操り(みこじいにんぎょうあやつり)」。人形を載せた屋台を優雅な囃子に合わせて引き回し、人形が舞う伝統芸能です。

 江戸から明治時代にかけて発展した人形芝居は、全国各地に広がっていきました。新潟県内では現在、主に佐渡地方と中越地方に人形芝居が残り、受け継がれています。庶民の娯楽がほとんどなかった昔に流行した人形芝居が、なぜ映画やテレビなど多様な楽しみがある現代まで続いてきたのでしょうか?その理由として、田巻さんは「近年、古い伝統芸能の良さに気付いて、復活させようという気運が高まったということもあるが、一番の理由は、各地域の祭りと融合してきたからではないでしょうか。日本人は昔から祭りを大切にしてきました。祭りで演じる芸能は、人間に見せるというより、祈りを込めて神に捧げるものという意味合いが強いので、大事に受け継がれながら、数少ない娯楽としても親しまれてきたのだと思います」と語ってくれました。
 また、新潟の人形芝居は、佐渡とそのほかの地域でそれぞれに特徴がある特別な県だそうです。それでは、新潟の人形芝居にはどのようなものがあるのか、ご紹介しましょう。



次ページ → にいがたの人形芝居の歴史と特徴

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve