新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-72 にいがたのふるさとかるた

file-72 にいがたのふるさとかるた 未来に伝える地域のかるた

  

未来に伝える地域のかるた

郷土かるたと歴史

郷土かるたの一例

手作り感あふれる郷土かるた

  かるた取り大会

大判にした郷土かるたを使ったかるた取り大会は、子どもたちが頭と体を同時に働かせて楽しめるイベントとして人気があります

 お正月遊びの代表格のかるた。平安時代に貴族が貝を合わせて遊んだ「貝合わせ」がルーツともいわれています。その後、16世紀半ばにはポルトガルやスペインの影響で素材は紙に変わり、「歌かるた」が登場しました。江戸時代には詩歌のほか、動植物、歴史、社会知識などを視覚的に教える「絵合わせかるた」が作られていたそうです。
 時代とともにかるたのバリエーションは広がりました。現在は身近な地域の歴史、産業、文化を詠んだ「郷土かるた」が多く作られています。その数は1700を超えるともいわれています。遊びながら教育効果が期待でき、その土地の言葉、歴史、偉人…さまざまな魅力を次世代に伝えるツールとなりました。また、作ったかるたで大会が開かれるなど、地域交流にも一役買っています。
 新潟県内には30以上の郷土かるたがあります。その中から7つのかるたをご紹介します。


雪国の暮らし凝縮 子ども熱中

魚沼方言かるた

魚沼方言かるた(税込み2000円)。絵札、読み札、読み手CD、魚沼昔ばなしCDのセット。県外に住む魚沼出身者からも「お国なまりが懐かしい」と評判だそうです。縦60センチ、横45センチの巨大かるたは小出郷文化会館が貸し出しています。かるたセットを持つ桜井さんと、巨大かるたを持つ会館職員の坂牧賢吾さん。
問い合わせは魚沼市小出郷文化会館:
025(792)8811(平日9時-17時)

大会風景

大会でかるた取りに熱中する子どもたち。家族も応援に駆け付け、かたずをのんで見守る。

 しんしんと雪が降り積もる魚沼では2月、小学生たちが恒例の「『魚沼方言かるた』かるたとり大会」で白熱します。魚沼方言かるたは2009年に市文化協会が10周年記念事業として作成。伝統行事や方言、自慢の農産物などを次世代に伝えようと誕生しました。読み句の募集には市民から2818句が寄せられ、「地域の宝」が凝縮された45句がかるたになりました。
 中でも地域色が光るのは「ん」の札です。
 「んまげだの 炊きたてまんま コシヒカリ(おいしそうだのう うまいのはなんてったって 炊きたてのコシヒカリご飯だ)」。山々の美しい水で育った魚沼産コシヒカリを想像してみてください。つやつやの白い米粒や、香り豊かな湯気を前にして思わず、つばをごっくん。「んまげだの」。腹の底からわき出るような方言がぴったりですよね。また、春の喜びが詠まれた句にも味わいがあります。「魚沼の 春が顔出す ふうきんとう(ふきのとう)」。3メートルもの雪に見舞われる魚沼。春を待ちわびる人々の心が描かれています。
 かるた作りは、大人にとっても互いの地域を知るきっかけになりました。2004年に堀之内町、小出町、湯之谷村、広神村、守門村、入広瀬村が合併してできた魚沼市はこの年、市政5年を迎え、各地域から集まった選定委員が自慢の行事を句に織り込みました。例えば、旧正月に新婿に水を浴びせて家門繁栄を願う奇祭「雪中花水祝い(堀之内)」、作物の豊穣などを祈って空に向かって弓を引く「十二講(魚野川流域)」です。また、当時は2004年の中越地震の被害が記憶に新しく、かるたには震災復興の願いが込められました。「家崩れ みんなたまげた 大震災」の句を掲げ、復興に向けて心を一つにしました。
 絵札を描いたのは、日本画家の田中博之さん=東京都=です。題材となった行事や風景に足を運んで、イメージを膨らませました。地元の人々は行事の細部まで表現しようと、田中さんに何度も絵の手直しをお願いする熱中ぶりでした。当時、担当理事として関わった小出郷文化会館館長の桜井俊幸さんは「それだけみんながかるた作りに真剣だったんですよ」と、笑いながら当時を振り返ってくれました。
 かるたは、地元の「囲炉裏端で昔ばなしを聞く会」が声を吹き込んだCDを付けて完成しました。毎年2月に開かれるかるたとり大会は、小学生を中心に参加者が増え、今では150人が集まります。この日は昔ばなしを聞く会の“生声”に合わせて競います。読み句を聞き逃すまいと集中する子どもたちの顔は、真剣そのもの。かるたに刻まれた言葉と風景が、子どもたちの心に根を広げ、芽を出し始めています。


次ページ → 自然・食・歴史、色彩豊かに発信

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve