新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-82 舞踊芸術の世界(後編)

file-82 舞踊芸術の世界(後編)

  

新潟を舞台にした創作バレエ「角兵衛獅子」

角兵衛獅子について

 バレエといえば、一般的にクラシック音楽を使った舞台が思い浮かぶことと思いますが、日本の伝統芸能、それも新潟県の伝統芸能を題材にしたバレエがあるのをご存知でしょうか。「舞踊芸術の世界(後編)」では、県内のバレエ界の活動をご紹介します。
 角兵衛獅子(かくべえじし)は、新潟市南区(旧西蒲原郡月潟村)を発祥とする郷土芸能で、2013(平成25)年4月に新潟市無形民俗文化財に指定されています。越後獅子(えちごじし)もしくは蒲原獅子(かんばらじし)とも呼ばれています。
 角兵衛獅子は両親のない子や父親の知れない子、戦乱のため両親と離れ離れになり迷子になったりした子ども達を集めて獅子舞を仕込み、その芸をもって大道芸人として諸国を歩く、子どもの旅芸人でした。その起源は1755(宝暦5)年、今から約250年以上も前といいます。江戸末期には70余名の親方が各々7、8名の子どもを抱え、曲芸団として旅興業に出ていました。
 角兵衛獅子の服装は、頭に鶏の羽毛を髪のかわりに縫いつけた、紙製の小さな獅子頭をかぶり、高下駄をはき、胸には小さな腹当をつけるというものでした。諸国巡りには関所で手形を役人に見せる必要はなく、角兵衛獅子の服装のまま通過することを許されていました。角兵衛獅子は常に大道芸人として日本の津々浦々まで諸国勧進の旅に出ていましたが、年一回行われる月潟村の地蔵祭りには全員が帰省し、獅子舞を競演するという慣習がありました。常に子ども達を働かせるというので、この地蔵祭りには衣装や飾りつけなども特に新しくし、角兵衛獅子の子ども達のために地蔵祭りを催すことになっていたのです。
 この盛大な行事は諸国に伝わっていたので、子どもをさらわれたり、里子に出して行方が分からなくなったりして、失意のどん底に苦しみ巡礼に出た母親が、母子対面の奇跡を願いはるばる諸国から月潟村を訪れるのが常でした。角兵衛獅子の子ども達も今年こそは、父や母に逢えるのではないかというはかない望みを抱きながら、地蔵祭りの日には必ず月潟村へ帰ってきたのです。

長い時を経てよみがえった角兵衛獅子

  渡辺珠実さん

渡辺珠実さん/1933年新潟市生まれ。戦時中の9歳から洋舞踊を始め、17歳で高校を中退し上京、クラシックバレエの道へ。1961(昭和36)年新潟市と新発田市にバレエ研究所を創設。1999(平成11)年新潟県知事表彰、2000(平成12)年NBA全国バレエコンクール特別指導者賞、2011(平成23)年新潟日報文化賞など、受賞歴多数。また、日本バレエ協会甲信越支部長、新潟県洋舞踊協会会長などを歴任。現在も自らレッスンを続けている。


角兵衛獅子の1場面:白さらし

まるで生きているかのように長い布を操る姉妹。「布が地面についてしまったら、お米を食べられない!という思いでやってもらいました」と渡辺さん。今観ても斬新で画期的な演技ですが、50年前にすでに存在していたことに驚きます。(写真提供:A.I)

 この「角兵衛獅子」が初めてバレエの演目として東京で上演されたのは1963(昭和38)年。今から50年以上前のことです。台本と原振り付けを手掛けたのは、日本バレエの草分け、橘秋子氏(1907-1971)。日本を舞台にした物語のバレエを数多く創作した橘氏は「角兵衛獅子」のほか「飛鳥物語」「戦国時代」を手掛けていますが、これらは橘秋子の三大バレエと呼ばれています。
 長い時を経て、2010(平成22)年、新国立劇場での地域招聘公演で創作バレエ「角兵衛獅子」の公演が行われました。この公演の総指揮を執ったのが、新潟市を拠点にバレエ研究所を主宰する、渡辺珠実さん。60年以上にわたってバレエ界の発展に尽くしてきた、新潟のバレエ界における草分け的存在です。

 「1963(昭和38)年の初演は見ていません。ですが、このお話をいただいた時、必ず伝説の舞台を再現したいと強く思いました。「角兵衛獅子」は2幕構成。2幕は橘先生の娘さんで新国立劇場バレエ研修所長で、日本有数のバレエ団を率いていらっしゃる牧阿佐美先生から教えていただくことができ、私の研究所でも1975(昭和50)年に初演して以来、海外公演などでも演じてきました。ですが問題は1幕。1幕は楽譜が残されておらず、おまけにどこに問い合わせても映像すら残っていなかったんです。こうなると、伝説の舞台であると同時にもはや「まぼろし」ですよね。再現したいという強い思いがあると同時に、どうしようもないという気持ちは正直ありました。」
 渡辺さんをはじめ周りの人々も、これ以上進めようがないと諦めかけていた時、新国立劇場から地域招聘公演の話がありました。各地で現代舞台芸術を上演する団体を招いての共催公演です。渡辺さんはその時、こんな小さい研究所に話が来るなんて思っていなかったこともあり、一度はこの話を断ったといいます。ですがやがて、「こんな奇跡のような話は二度とない」と思い直すようになりました。
 渡辺さんは、当時新国立劇場の舞踊芸術監督だった牧阿佐美氏に「角兵衛獅子の1幕を作っていただけませんか。全幕公演としてお引き受けできれば最高なんですが」と話しました。牧氏にとっても、これは母が手掛けた三大バレエの復活。もちろん返事は「やりましょう」でした。
 初演当時指揮をした福田一雄氏が楽譜を探して音楽を、牧氏が振付を再現、渡辺さんは芸術監督を務めました。公演のためにつくった「新潟シティバレエ」のメンバーとの練習にも熱が入っていきます。「今の子に角兵衛獅子を伝えるのは簡単ではありませんでした。何せ時代が違いますからね。技術うんぬんの前に一番伝えたかったのは、角兵衛獅子のメンバーは、芸を見せてお米をもらわなければ食べていけない。つまり生きていけない。お米をもらい、生きていくための一生懸命さを大切にということでした。」と渡辺さんは当時を振り返ります。こうして幻の舞台はよみがえっていったのです。
 2010(平成22)年12月、新国立劇場で創作バレエ「角兵衛獅子」の幕が開きました。日本のバレエ界において歴史的演目の再演とあって、チケットは前売りの時点で完売。観客の中には、どのように「角兵衛獅子」が再現されたのかをひと目見たいというバレエ関係者も多くいました。  

 炎の群舞  
祈りの炎を表現する赤いさらしを振る群舞は、観客を魅了します。「クラシックバレエの演目でこういう練習はしないため、大変苦労したシーンのひとつです」と渡辺さん。呼吸を合わせ、同じように布をはためかせるために、たくさんの練習を重ねました。(写真提供:A.I)  

 

  指導中の渡辺さん

踊り手として指導者として、60年以上にわたってバレエ界の発展に力を尽くしてきた渡辺さん。ステージで踊る生徒を見守るまなざしは厳しさと温かさを兼ね備え、そのアドバイスは常に的確です。(写真提供:A.I)

 記念すべき伝説の舞台の再演を、渡辺さんは1幕は客席から、2幕は舞台の袖から見守っていました。「1幕はプロの人たちが中心なので、安心していました。本当に申し分ない演技で、観客と一緒に思い切り拍手しました。感無量でした。でも、2幕は大勢の生徒さんが舞台に立つので心配で心配で。正面から見ることができず、舞台の袖に移動したんです。2幕は始まって間もなく、涙が出てきましたよ。生徒さん達の息がなかなか合わなかったり、衣装や小道具を求めて駆けずり回ったり・・・ここに来るまでのさまざまなことが頭を一気に駆け巡っていったんです。」渡辺さんの想いとともに本番の舞台は進んでいき、やがて出演者の熱演により、舞台と客席が一体となりました。
 その後、今年1月、「角兵衛獅子」は新潟県民会館大ホールで県内初演を果たしています。  

 

次ページ → バレエを観ることから始めよう。県内バレエ界のこれから

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve