新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

新潟・文化体験リポート

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 新潟・文化体験リポート>>
  3. 鉄道のまち・新津の鉄道イベント「にいつまるごと鉄道フェスタ」リポート

鉄道のまち・新津の鉄道イベント「にいつまるごと鉄道フェスタ」リポート

鉄道のまち・新津の鉄道イベント「にいつまるごと鉄道フェスタ」リポート

平成29年(2017)10月7日(土)、鉄道のまち・新津を味わい尽くすイベント「にいつまるごと 鉄道フェスタ」が新潟市秋葉区の新津地区で開催されました。このイベントは、JR東日本 新潟支社などが主催する「レールフェスタ in にいつ」、地元実行委員会が主催する「にいつ鉄道まつり」と、新潟市新津鉄道資料館(以下、新津鉄道資料館)の「向谷実(むかいやみのる)の1日館長」を同時に開催する形で平成28年(2016)にスタート。2年目の今年も多くの来場者でにぎわいました。

開場前から列を作っていた来場者たちが、開門と同時に軽快な足取りで入場。

「レールフェスタ in にいつ」は、JR東日本 新潟支社、(株)総合車両製作所、第一建設工業(株)の3社での共同開催。会場の総合車両製作所新津事業所では工場を公開し、電車の製造工程を見学。運転体験もできるNゲージ鉄道模型やプラレールの展示をはじめ、ミニ電車、軌道自転車といった子どもたちに人気の乗り物もあり、これら全てが無料で楽しめます。食堂の開放や駅弁の販売もあるので、秋の一日を家族で過ごすにはもってこいのイベントです。

開場直後から多くの人が集まった「Nゲージ鉄道模型の運転体験」会場前。整理券を求める人たちでごった返していた。

「さあ、目当ての場所へ出発!」。東京ドーム3個分もの広さがある総合車両製作所。まずは場内に設置された大きなボードを確認して、お目当ての場所を目指します。普段は見ることができない製作所内が見られ、多くの鉄道ファンが駆けつけていました。

場内に設置されている案内ボード。分かりやすく色分けされており、迷うことなく回れる。

まずは車両の製造工程の見学から。曲げ加工や溶接などの各種作業ロボットや加工機が実際に稼働しているのを見ることができます。同じ工程でも、作業内容によって人間とロボットで分担しているそうです。一つのロボットが、上下左右ミリ単位で動いたり、ロボット同士が連携して作業をしたりしているのには驚きました。

曲げ加工ロボットの「2代目サスケ」。マスコットのようなユニークな姿で、さまざまな動きを見せていた。

こちらは、「Nゲージ鉄道模型の運転体験」会場。実物の150分の1ほどの大きさの鉄道を、子どもたちがコントローラーを操作して走らせます。車内の明かりもリアルに再現され、その精巧さには感心するばかりです。 

日本の鉄道模型で最も普及している「Nゲージ」。レールの間隔(軌間)が9mmのため、「9mmゲージ」とも呼ばれている。

他にも高所作業車の試乗体験やJR東日本 E235系車両の見学など、まだまだ楽しみたいところですが、11時からは「にいつ鉄道まつり」の会場の一つ「JR新津運輸区」で「転車台回転の実演」が始まるとのこと。気持ちをにいつ鉄道まつりに切り替えて、いざ、転車台回転のある会場へ!

移動は無料のシャトルバスを利用。JR新津駅を中心に、各会場まで10分~30分間隔で運行。

JR新津運輸区にある転車台は車両を進行方向に向ける設備で、蒸気機関車など車両の片側にしか運転台がない鉄道車両を載せ、回転させて使います。今回は、来春にJR新津駅発着になる「SLばんえつ物語」号を使って行われました。現役のSLイベントに参加できるなんてうれしい限りです。来てよかった。

SLばんえつ物語号の車両は1946年に製造された「C57 180」。C57形は、鉄道ファンから「シゴナナ」または「貴婦人」と呼ばれている。普段は土・日を中心にJR新潟駅~JR会津若松駅間を運行している。

「ガタッ」「ガタッ」と大きな音をさせながら転車台が回転する姿は迫力満点。

転車台に載ったSLが、5分ほどかけて目の前をゆっくりと回転していく。

時に汽笛を鳴らしながら、黒い煙をもくもくと上げて転車台に載ったSLが目の前を通り過ぎます。思い描いたSLの光景が広がって場内の興奮は最高潮に。

最大動輪周出力は1,290馬力。間近に見るSLの迫力に大興奮。

転車台の回転実演を見た後は、運転室の見学もできます。貴重な体験に期待感が高まるばかり。1組ずつ入室していくので、並んで待つ間は車両をじっくり見学することができます。石炭を燃やし続けているため、車両の周りはけっこうな暖かさ。

動輪の直径が大人の背丈ほどもあるC57 180。

待つこと約30分、ようやくあこがれの運転室へ。同乗のスタッフがこちらの質問に丁寧に答えてくれ、じっくり見学することができました。

車両の状態を示す計器類で構成された室内。現役車両だけあって、整備状況は良好。

圧巻なのは、石炭を燃焼させて高温の燃焼ガスを作る火室(かしつ)。蒸気の力で走る、蒸気機関車の心臓部です。石炭をくべるのは機関助士の仕事で、アクセルやブレーキなどの操作をする機関士と同様、列車の運転に欠かせません。

焚口(たきぐち)の様子。まるでマグマのように石炭が燃えている。

SL見学も終わり、ランチの時間です。ここは、新津名物の駅弁を食べたいところ。再びシャトルバスに乗ってJR新津駅(西口)へ向かいます。改札口に向かう途中の新津駅東西自由通路で佐渡市出身の金工作家・宮田亮平氏の作品をしばし観賞。新津駅には4点が展示されています。

イルカを題材にした宮田亮平氏の代表作「シュプリンゲン」(飛翔)シリーズ。

こちらは新津名物の駅弁を販売する「立売(たちうり)」さん。JR新津駅ではSLばんえつ物語号の運行日など、特定の日にホームに立ちます。昔ながらの衣装と口上で懐かしい風景を今に伝えています。

ニコニコ、ハキハキとした応対が好印象の高田さん。スカウトされてこの道に入った立売歴19年のベテラン。

新津には「神尾商事」と「三新軒」という2つの駅弁の老舗があり、「レールフェスタ in にいつ」のほか、「にいつ鉄道まつり」の会場の一つ「新津駅東西自由通路」でも自慢の駅弁を販売していました。

パッケージも駅弁ならではの楽しみ。左は神尾商事さんの「みそ粕豚丼(みそかすぶたどん)」、一見おもちゃに見える右の雪だるまは三新軒さんが製造する「雪だるま弁当」。

早速購入し、いただきま~す。「みそ粕豚丼」は、新潟地酒の酒粕と越後みそに漬け込まれた新潟県産厚切り豚ロースと付け合せのみそ漬が程よく味付けされて美味。「雪だるま弁当」は、新潟県産コシヒカリのごはんの上に鶏照焼など12種類ものおかずが載り、食べていくうちに次のおかずが楽しみになるお弁当でした。お腹もいっぱいになったので、次は「にいつ鉄道まつり」のメイン会場へ行ってきま~す。

左:「みそ粕豚丼」は平成28年(2016)9月に発売したフレッシュな新人弁当。
右:「雪だるま弁当」は昭和62年(1987)8月発売のロングセラー。
どちらも新潟産コシヒカリを100%使用している。さすが!新潟の駅弁。

「にいつ鉄道まつり」は鉄道のまち・新津を盛り上げる住民参加型のイベント。今回は、天候の関係でメイン会場をJR新津駅から歩いて約1分の新津地域交流センターに移して開催されました。1階のステージでは、新津鉄道資料館で一日館長も務める元カシオペアのキーボーディスト・向谷実さんのライブや地元のダンススタジオやバトン教室などによるパフォーマンスが行われ、大盛況。会場席から多くの声援が寄せられていました。

新津バトン教室の皆さんによる演技。そのほかにもたくさんのパフォーマンスが披露され、大勢の人でにぎわっていた。

3階は「新潟エンドレスクラブ」や「新潟モジュールレイアウトクラブ」による仲よし鉄道模型クラブ合同運転会会場。リニアライナーの展示走行やモジュールレイアウトによるNゲージ鉄道模型が展示され、実際に運転して楽しめます。ジオラマ、本当に良くできていました。

カラフルなジオラマの中を電車が走り、楽しい世界が広がっていく。

次の会場に向けて同センター東側の出入口を出ると、「御菓子司 羽入」の看板が目の前に。せっかくなので立ち寄ってみましょう。

羽入菓子店は、大正5年(1916)創業の老舗。本店では、三色だんごをはじめ新潟市みやげものコンクールで新潟市長賞を受賞した「かきのもと饅頭」など、約30種のお菓子を販売している。

看板商品の「越後新津名物三色だんご」は、列車の中でも食べやすく持ち運びしやすいように駅弁同様「折り」に入れたのが始まりだそうです。

三色だんごは、あんこ・白あん・ごまの3つの味が楽しめる定番のほか、季節や行事に合わせて餡を変えた限定品を販売。10月はハロウインに合わせて黒ごま・ほうじ茶・パンプキンの三色だんごが販売されていた。

新津の商店街では、新津鉄道資料館などと連携し「鉄道のまち」を盛り上げるさまざまな取り組みを行っているそうです。資料館の入館券を提示すると割引やサービスが受けられる「切符のいいまち」もその一つ。まちなかでは、サービスを利用してショッピングを楽しむ観光客の姿も見受けられました。
最後は、にいつまるごと鉄道フェスタの3番目の会場「新津鉄道資料館」へ出発!

新津の商店街は鉄道とともに発展してきた歴史がある。「切符のいいまち2017」には26店が参加し、各店が趣向を凝らしたサービスを提供している。

新津鉄道資料館は、新潟県内でも珍しい産業博物館です。昭和58年(1983)に開館した後、平成10年(1998)には現在地へ移転。平成26年(2014)にリニューアルしました。リニューアルオープン後は、実物車両を展示に加え、現在は6車両が屋外展示され、月替りで車内の公開を行っています。

敷地内手前に展示されている人気の実物車両、200系新幹線K47編成先頭車両とC57形蒸気機関車19号機。2つ並ぶと時代の流れが伝わってくる。C57は扉がないので開館中はいつでも運転室を見学できる。

今回のにいつまるごと鉄道フェスタには、熱狂的な鉄道ファンとして知られ、世界初の実写版鉄道シミュレーションゲームを開発した向谷実氏が1日館長として参加。新津鉄道資料館では「鉄道模型パノラマShow」「鉄道お宝トーク」「ミニSLミニ乗車」などのミニイベントを開催し、多くの鉄道ファンを喜ばせていました。

新津鉄道資料館のエントランス。

「鉄道のまち新津」「鉄道の技術と新潟・新津」「新潟・新津の人々と鉄道」「コレクション展示」の4ゾーンで構成された常設展示には、新潟・新津をクローズアップし、ラッセル車(除雪車)を取り上げるなど地域色を出し、鉄道マニアはもちろん一般の来館者からも高い評価を得ているそうです。実際、リニューアルを機に、入館者が5倍近くに増加したとか。

左上から時計回りに、鉄道を支えた人々のリアルな人形と側面行先表示板(青サボ)、新津駅の大時計、ラッセル車の模型、軌道自動自転車。

「鉄道の技術と新潟・新津」ゾーンにある「電車運転シミュレータ」は人気のコーナー。画面はもちろん踏切警報機など運転時のリアルな音も楽しめるとあって、これを目当てに子どもから大人まで全国から多くの人々が来館するそうです。これほど精巧なシミュレータに出会うチャンスはなかなかないので、来館の際にはぜひチャレンジすることをおすすめします。

順番待ちの列ができるほど大人気のコーナー。土・日・祝日は小・中学生の観覧料が無料になるため、かなり賑わう。これだけのために来館する常連も多い。

新津鉄道資料館の魅力の一つに、地元商店街と一緒に企画・商品化したさまざまなミュージアムグッズがあります。同館で展示されている車両のイラストが描かれたクリアファイルや、鉄道のまち・新津のPRキャラクター「きてきち」の焼き菓子などオリジナル商品を多数販売。鉄道のまちを盛り上げたいという地元商店主さんたちの熱意が伝わってくるものばかりです。
JR新津駅を中心に半径2kmの中で繰り広げられた鉄道の祭典「にいつまるごと鉄道フェスタ」。SLの発着駅になる来年は、さらなる盛り上がりを見せてくれるはず。ここでしか体験できない楽しさにきっと出会えますよ。

鉄道車両のクリアファイル(写真左)は地元の写真店が、昔の特急電車でおなじみのお茶パックセット(写真中)は新津の老舗お茶屋さんが発案。懐かしさに複数をまとめて購入する来館者も多い。

関連リンク

新潟市新津鉄道資料館
新潟市秋葉区新津東町2丁目5番6号(新津地域学園内)
電話:0250-24-5700

にいつ鉄道商店街
※にいつ鉄道商店街は、新津商店街協同組合連合会や新潟市などが連携して進める「鉄道を活かしたまちづくり」の総称です。

 

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve