database

域文化 データベース

上越市

交通の要衝として栄えた歴史深いまち

新潟県の南西部に位置する上越市は、 古くから交通の要衝として栄えてきました。直江津地区は、奈良時代には越後国府の要港として、明治期の鉄道開通後は、新潟県鉄道発祥の地となり海陸交通の要衝として賑わいました。近年は、製造業が集積する工業地域に近接する都市として発展。高田地区は、江戸時代の高田城築城に伴い計画的に配置された都市骨格を継承しており、上越地方の中心として発展してきました。現在も日本一長い雁木通りや町家、寺町寺院群などの歴史的資産が数多く残り、公共機関や医療をはじめとした都市機能が集積しています。 戦国時代の名将・上杉謙信公ゆかりの地でもあり、謙信公の居城として知られる春日山城跡は国指定の史跡であり、日本百名城の一つでもあります。

地域文化
データベース検索

  • いわおの石仏群

    下瀬戸地内にある、いわお橋を渡ると下手の絶壁に「厳鼻の観音様」と呼ばれる石仏群が見えます。名立谷の一番の難所で、江戸時代には子どもや修行僧などが川に流され、竜の仕業と恐れられていました。竜の災難逃れに、文政年間に観音様を […]
  • 大間城趾

    大間城址は、この地方の豪族の要塞(とりで)として造られたものといわれています。三国街道沿いにあり、戦国時代には春日山城の支城として重要な役割を果たしていました。現在は大井戸、堀、土塁などが残されています。 出典: 『上越 […]
  • 風巻神社

    級長津彦命(しなつひこのみこと)、級長戸辺命(しなとべのみこと)、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、月読命(つくよみのみこと)、建御名方神(たけみなかたのかみ)、十二神大神を祭神として祭っています。近郷の人たちをはじめ […]
  • 川浦代官所跡

    高田城東口街道の要害地(とりで)として貞亨元年に創設されました。ここでは主に税務・民生・勧農・警察・司法の事務が行われていました。慶応4年の幕府崩壊とともにその使命も終わり、建物も取り壊されました。取り壊された代官所の門 […]
  • 水科古墳群

    7世紀初頭のものといわれ、横穴式石室をもつ古墳群。特に、学術的資料としても高く評価されるミニ古墳(石室の長さ1~1.2メートル、幅30センチ程)も発見され、全国的にも珍しいと多くの人たちが見学に訪れています。 出典: 『 […]
  • 五十君神社

    祭神は、第11代垂仁天皇の第五皇子・五十日滞日子命(いかたらしひこのみこと)。越後国頸城郡式内社十三座の一つに数えられ、今から1,200年余り前に建立された由緒正しい神社です。 出典: 『上越観光ネット』 提供元:上越市 […]
  • 雁金城趾

    別名、雁ヶ音城・花ヶ崎城。東頸城丘陵最西端に位置する標高156メートルの山城です。越後府中(上越市五智)から直峰城(安塚町)に至る花ヶ崎街道を監視する役割を担っていました。本丸・二の郭・空掘・切崖など、山城の形態が見事に […]
  • 茶臼山城趾

    標高42メートル、茶臼状であることから名付けられた茶臼山。円錐台状の独立山塊で、頂部の平面は直径約35メートルほどの小高い山です。南西に入り口があり、ここから約10メートル下に二の郭があり、その東端には幅2.5メートルほ […]
  • 顕聖寺

    応仁の乱が始まった、1467年に開山した曹洞宗の寺院。静かな境内には、かつて竜神が棲むといわれる池があったとか。樹齢数百年の杉の木立に囲まれ、今もなお神秘的な雰囲気を醸し出しています。顕聖寺の庭園は室町時代の禅宗様式を取 […]
  • 京ヶ岳城址

    信越の国境に位置するこの地域は、戦国時代、千曲川沿いの戦乱の波を食い止める重要な拠点でした。春日山城の出城として築城された京ヶ岳城址には複数の砦が築かれ、勢力の誇示や牽制、見張り、連絡などの役目を担ったといわれています。 […]
  • 密蔵院

    泰澄大師が和銅5年(712)に開いたと伝えられる米山薬師の別当寺です。緑に囲まれた護摩堂は文化14年(1817)に再建されたもの。壁面彫刻の美しさは上越地方随一といわれています。 出典: 『上越観光ネット』 提供元:上越 […]
  • 楞厳寺(りょうごんじ)

    上杉四天王の一人、柿崎和泉守景家が天文3年(1534)に建立した禅寺。景家はここに上杉謙信公の師僧・天室光育を招き、柿崎の学問・文化を築き上げたといわれています。 出典: 『上越観光ネット』 提供元:上越市観光企画課 画 […]