database

域文化 データベース

上越市

交通の要衝として栄えた歴史深いまち

新潟県の南西部に位置する上越市は、 古くから交通の要衝として栄えてきました。直江津地区は、奈良時代には越後国府の要港として、明治期の鉄道開通後は、新潟県鉄道発祥の地となり海陸交通の要衝として賑わいました。近年は、製造業が集積する工業地域に近接する都市として発展。高田地区は、江戸時代の高田城築城に伴い計画的に配置された都市骨格を継承しており、上越地方の中心として発展してきました。現在も日本一長い雁木通りや町家、寺町寺院群などの歴史的資産が数多く残り、公共機関や医療をはじめとした都市機能が集積しています。 戦国時代の名将・上杉謙信公ゆかりの地でもあり、謙信公の居城として知られる春日山城跡は国指定の史跡であり、日本百名城の一つでもあります。

地域文化
データベース検索

  • テオドール・フォン・レルヒ

    日本にスキーを広めた旗手。明治43年(1910)、日露戦争に勝利した日本陸軍の研究のために来日。 翌年、13師団視察のため高田を訪れ自費で作った軍用スキーを10台寄贈した。 長岡師団長の願いにより1月12日、金谷山にてス […]
  • 越後国府

    現在の福井県から青森県にわたる日本海沿岸一帯は、かつて越(高志)の国と呼ばれていた。その後、越前・加賀・能登・越中・越後・出羽の6国に分割され、それぞれに国府が置かれていた。 国府とは、日本の奈良時代から平安時代に、令制 […]