新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-1 越後妻有アートトリエンナーレ
特集 File01

file-1 越後妻有アートトリエンナーレ

新潟県中越の十日町市、津南町2市町を舞台に3年に一度繰り広げられる「大地の芸術祭」は、世界でも珍しい屋外の大自然を舞台にしたアートの祭典。自然豊かなうえに県内でも有数の豪雪地帯に点在するアート作品。おもに屋外展示で、古い農家の玄関先や、深い森の中からひょっこり現れたりもします。
日本の原風景、里山を舞台にするとともに、世界中の現代アート作家は、自ら妻有を訪れて設置場所を決めてから作品を構想、地域の人々から協力を仰ぎ時には一緒に制作するという一風変わったスタイルも特徴。年々ファンを増やし今や海外でも広く知られ、前回2006年には、自国の作家の作品を展示してくれる集落を大使夫妻が訪れて交流したり、作家やその関係者と地域との交流も盛んに行われています。
次回の開催は2009年の予定ですが、実は会期中以外でもアートは楽しめるんです。過去3回の開催時から恒久的に保存されている作品はもちろん、大地の芸術祭の主役ともいえる妻有の大自然。そしてそこに暮らす人々のあたたかさは、いつも変わらずここにあるのです。


たとえばこれもアート

アスファルト・スポット
R&Sie建築事務所(フランス)
駐車場ですが、地面がめくれています。一部は駐車できますが、一部は無理です。十日町から旧川西町へ渡る妻有大橋のたもとにあり、大変見晴らしのよいところです。2003年作品。

河岸の燈篭
河岸の燈篭
CLIP(日本)
トイレです。信濃川の堤防にあり、夕暮れに対岸から眺めると灯籠のような風情があります。近くに「ミオンなかさと」という日帰り温泉施設があります。2000年作品。

ミルタウン・バスストップ
ミルタウン・バスストップ
ジョセップ・マリア・マルティン(スペイン)
バス停です。1日に数本しか来ないバスを、地元のお年寄りが語らいながらのんびり待つ姿を見た作家が、自らの作品を「バス停」にしました。2000年作品。

創作の庭
創作の庭
土屋公雄(日本)
花壇です。ただの花壇ではありません。らせん状です。中心までは円を描きながら歩くしかありません。ちょっと手間ですが、作るのに4年かかったので我慢して下さい。真ん中まで行くと、360度が花です。地元の人たちが愛情を込めて植えました。2003年作品。

ステップ イン プラン
ジョン・クルメリング/テキストデザイン浅葉克己(オランダ/日本)
看板です。ただの看板ではありません。登れます。日本三大薬湯として歴史の深い松之山温泉の入り口に立っています。地元の人たちからは「湯けむり情緒がない」と大ブーイングでした。今ではランドマークとして認められ、テキストデザインの浅葉氏との深いつながりが築かれているそうです。2003年作品。
ステップ イン プラン

ポチョムキン
カサグランデ&リンターラ建築事務所(フィンランド)
公園です。田んぼと山だけの景色の中にいきなり現れるので、誰もが思わずブレーキを踏みます。昔は集落の子どもたちの遊び場でしたが、近年は不法投棄の現場となって荒れていました。この作品によって再び地域の憩いの場として生まれ変わったのです。公園は壁の中にあるので、見つけたら車を止めて中を歩いてみて下さい。2003年作品。
ポチョムキン


投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve