新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-73 雪国の手仕事

file-73 雪国の手仕事

  

雪国新潟の手仕事

豪雪と闘い はぐくまれた知恵

小千谷縮雪さらし

小千谷縮の雪さらしの風景。青空の下、日光を浴びて雪が溶け、反物が漂白されるという昔ながらの方法です。

 田園風景も野山も真っ白に覆われる新潟の冬。豪雪により農閑期となるため、手仕事が盛んに行われ、発展してきました。それは美しいだけではなく厳しくもある雪国の暮らしを生き抜く人々の知恵でした。自然環境や風土が原料を育て、雪さらしや雪中貯蔵などに代表される独自の技法が上質なものづくりを今も支えています。ユネスコ世界無形文化遺産に登録された「小千谷縮(おぢやちぢみ)・越後上布(えちごじょうふ)」をはじめ、人々に癒やしを与える「猫ちぐら」、しんこを練り上げた縁起物の「チンコロ」、伝統を守り続ける「小国和紙(おぐにわし)」を紹介します。

十日町棚田
十日町の棚田。雪に覆われ、さらに美しい姿を見せます。

雪国の技 夏に“涼”を運ぶ

雪さらし作業風景

雪さらし。真っ白な雪原に反物の色柄が映えます。

樋口隆司さん

樋口隆司さん。昭和23年小千谷市生まれ。46年に成蹊大学工学部を卒業し、代々続く樋口織工藝社で技を磨いてきました。平成2年に第37回日本伝統工芸展に入選し、以降8回入選。平成16年に日本工芸会の正会員に認定されました。


小千谷縮絣着物「風渡る」

第57回日本伝統工芸展入選作品 小千谷縮絣着物「風渡る」樋口隆司さん作


 風を通し、さらさらな肌触りが夏に喜ばれる小千谷縮・越後上布は、雪が降り積もる冬に作られます。原料となる苧麻(ちょま・カラムシとも呼ばれる)は、シャリ感やハリ、コシが優れ、水にぬれると繊維強度が増す上、吸湿、放湿性にも優れています。一方、糸の段階では乾燥に弱く切れやすい弱点をもっています。つまり、湿度の高い雪国だからこそ、薄くて質の良い上布を作ることができるのです。もともと、農閑期の冬に女性の仕事として発達した小千谷の糸作りや機織りの技術。そこに変革をもたらしたのは、江戸中期に小千谷を訪れた明石藩の堀次郎将俊(ほりじろうまさとし)です。横糸によりをかけ、湯もみによって縦に“しぼ”という凹凸を出す技術を伝えました。これが縮の誕生です。この改良によって肌に触れる面積が少なくなり、清涼感が増した越後の縮は、元禄期に武家の夏の式服として定められ、全国にその名が知られました。江戸後期の最盛期には縮や上布の生産量は20万反に達しました。
 その小千谷縮・越後上布の技術は、平成21年にユネスコ世界無形文化遺産に登録されました。ここで伝統的な技法を紹介します。まず刈り取った苧麻を水に漬けて皮をむき、繊維だけを取りだして乾燥させ、原料の青苧(あおそ)を作ります。さらに水に浸した青苧をつめで細く裂き、糸先を合わせてつないで均一の太さにします。縮の場合は、機械を使って糸に強いよりをかけていきます。次は絣(かすり)のための木羽(こば)定規作り。図案をもとに薄い板を何枚も重ねた側面に絵の具で横絣(かすり)の柄を描いて、木羽定規を作ります。それを一枚ずつ糸にあてて、模様の箇所を糸に写し、印をつけたところにくびり糸を巻いて染色します。いざり機という伝統的な織機で織った後、ぬるま湯でもみます。糊や汚れを落としながらもみ続けると、糸のよりが戻ろうとして反物が縮み、独特の凹凸が生まれます。
 工程の最後はいよいよ雪さらしです。2~3月の晴れた日に、雪の上に並べます。太陽で雪が溶けて発生したオゾンを活用し、漂白する雪国ならではの知恵。生成の色から純白に、柄は濃淡がよりはっきりと浮き上がります。古く黄ばんだ反物でさえ、数日で真っ白になるほどの漂白力があるそうです。青空と越後三山を臨み、雪原に色とりどりの反物が広げられる光景は「爽快(そうかい)」の一言。雪さらしが行われる際は、多くのアマチュアカメラマンが駆け付け、夢中でシャッターを切ります。
 「雪と闘いながら、雪の恵みを受けています」。そう語るのはこの道40年の樋口隆司(ひぐちたかし)さんです。越後の雪国の暮らしを伝えた江戸時代の書物「北越雪譜(ほくえつせっぷ)」(鈴木牧之(すずきぼくし)著)の縮のくだりを教えてくれました。

 -雪中に糸となし、雪中に織り、雪水にそそぎ、雪上にさらす。雪ありて縮あり-

 樋口さんは厳しい雪国の暮らしに身を置きながら、この一節につづられた雪の恵みを痛感しているそうです。脈々と受け継がれてきた伝統を継承しながら、樋口さんはデザインで新風を吹き込んでいます。緻密(ちみつ)な計算を元に、独創的な幾何学模様をデザインし、挑戦を続けています。これまでうさぎ、月、風など様々なモチーフを描いてきました。その中で、昨年から雪の結晶をデザインした作品に取り組んでいます。九州や関東などを訪れた際に、県外の人々が雪に抱く憧れを強く感じたからです。その気持ちに応えようと、六花(りっか)とも呼ばれ、花びらを広げるような美しい雪の結晶を作品に織り込みました。
 小千谷織物同業協同組合も新たな活動を進めています。縮を使ったシャツやスカートなどの洋服ブランド「FreeFrom(フリーフロム)」を展開。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本の選手団の開会式公式ユニフォームの素材に小千谷縮を採用してもらおうと活動しています。高温多湿な気候の中で生かされる速乾性や清涼感を、日本の選手に体感してもらいたい-。その夢の下に市民が心を一つにしています。



次ページ → 温かさあふれる手仕事

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve