新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-3 翡翠を探せ
特集 File03

file-3 翡翠を探せ


 翡翠(ひすい)は縄文時代から人々に愛された日本最古の宝石であり、質と量、そして歴史から見て日本を代表する宝石です。富山県境に近い糸魚川市は、この翡翠の産地で、日本の遺跡から見つかった大珠(たいしゅ)や勾玉(まがたま)などの翡翠は糸魚川産翡翠であると考えられています。遠くは北海道、沖縄、朝鮮半島にも運ばれた糸魚川の翡翠。今でも良質な翡翠が見つかる糸魚川は、古代史ファンと鉱物ファン、トレジャーハンターを惹き付けるロマンにあふれています。あなたも糸魚川で、翡翠を探せ。

べしみと呼ばれる面

翡翠に関係する鉱物の分布図
(糸魚川市教育委員会)

 これは糸魚川地域の、翡翠に関係する鉱物の分布を示した地図です。蛇紋岩(じゃもんがん)とは地下深くにあるマントルのカンラン岩が沈み込んだ海洋プレートから放出された水と反応して変化した岩石で、これが浮力やプレートの移動によって地表近くまで上昇する過程でさまざまな鉱物を地表に運んできます。糸魚川の翡翠も蛇紋岩に運ばれて地表に出てきたと考えられています。糸魚川で翡翠が見つかるのは、主に青海川や姫川、その支流の小滝川や大所川です。青海川には昭和32年「青海川の硬玉産地(通称:橋立ヒスイ峡)」として天然記念物に指定された地域があり、100トンを超える日本一の巨大な翡翠の原石を見ることができますが採取はできません。宝石である翡翠は簡単に見つけられるものでありませんが、初心者におすすめなのは海に運ばれた翡翠。薄紫の翡翠が見つかるためラベンダービーチと名付けられた海岸には、海が荒れた後などに探しに訪れる人がたくさんいます。お隣の富山県朝日町の宮崎海岸でも翡翠が見つかっており、きっと海の底には糸魚川から流れ出た翡翠がまだまだたくさん眠っていることでしょう。


まず本物を見てから

旧青海町のラベンダービーチ

旧青海町のラベンダービーチ。翡翠を探すなら海が荒れた翌日が良いそうです。

 糸魚川には「きつね石」と呼ばれる石があります。「翡翠かと思って拾ったら違った」という、つまり化かされる石のことで、ニッケル、クロムを含む雲母や石英が緑色になっています。昔はたくさんありましたが、最近では「きつね石」ですらなかなか見つかりません。本物の翡翠をよ~く見てから探しに出て下さい。

翡翠ふるさと館
橋立ヒスイ峡から運び出された102トンの原石が展示されています
リンク

青海自然史博物館
※青海自然史博物館の展示物・展示内容などはフォッサマグナミュージアムへ移動しました
(旧)青海自然史博物館についてはこちらから ≫ リンク

フォッサマグナミュージアム
フォッサマグナと翡翠に関して学べる博物館。展示の他拾った石の鑑定もしてくれます。
リンク

翡翠 蛇紋岩に含まれた翡翠
(フォッサマグナミュージアム)
光にかざした翡翠 光にかざして透明感があるのがよい翡翠の条件。純粋な翡翠は白色で、中に含まれる物質によって緑や薄紫、ピンクやさまざまな色に変化し、まれに黒い翡翠も存在します。 (フォッサマグナミュージアム)
青海川にある橋立ヒスイ峡
自然豊かな峡谷にある自然のままの翡翠です。透明な水の中で妖しく光る姿もぜひご覧下さい。
リンク

ラベンダービーチの石 ラベンダービーチには光沢のあるきれいな石がたくさんあります。鑑定のため拾った石が持ち込まれるフォッサマグナミュージアムによれば、「勘の良い人は5回目くらいで翡翠を見つけられる」ということでした。

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve