新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-4 豪農の遺産
特集 File04

file-4 豪農の遺産


渡邉邸前

どこまでも壁が続く渡邉邸(関川村)。酒造業などを営み県内屈指の、つまり全国屈指の豪農で知られました。新潟の酒蔵を舞台にした宮尾登美子原作のNHKドラマ「蔵」で、主人公“烈”の生家として撮影が行われました。国指定重要文化財です。


 県内には「豪農の館」と呼ばれるかつての大地主の邸宅がたくさん残り、今も雪国らしい剛健な邸宅や収集した品々を見ることができます。かつて「地主王国」と呼ばれた新潟。その遺産は館や美術品に限りません。政府と直結するパイプを持つ財閥や御用商人のいなかった新潟で、豪農たちは明治維新後の近代化に貢献したのです。


新潟の明治維新

 1868年、明治元年の新潟は砲火の中にありました。徳川幕府最後の将軍慶喜が前年に大政奉還をした後、幕府と幕府に最後まで味方した会津藩を中心とする諸藩を討伐する新政府軍が北進してきたのです。これに対し新潟県内や東北の諸藩は「奥羽越列藩同盟」を結成し迎え撃ちました。新潟県内での最大の激戦は長岡城の攻防戦でした。長岡藩は家老河井継之助を中心に藩政改革をすすめ、軍備を整えていました。新政府軍に一度は長岡城を攻め落とされたものの、数ヶ月にわたって中越地方を中心に戦闘が繰り広げられました。同盟軍は長岡城を奪還したものの、新政府軍は同盟軍の背後を突いて、同盟軍の補給基地であった新潟港を陥落させ、一挙に長岡城を再度落城させ、越後における戦闘はおわりを迎えます。同盟に加わった諸藩は、降伏したり、敗走したりし、戦いの舞台は会津に移ってゆきます。

 明治政府は当初、薩摩や長州、土佐など九州や四国の人々が多くの役割を担っていました。地理的に遠い新潟県では関わりの深い人材もなく、財閥系の商人もいませんでした。しかも戊辰戦争では敵方に回り戦火に焼かれます。新潟の近代化は、マイナスからのスタートでした。


投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve