新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-10 永遠の良寛
特集 -File10-

file-10 永遠の良寛


形見とて 何か残さむ 春は花 山ほととぎす 秋はもみぢ葉

 1968年、ノーベル文学賞を受賞した川端康成が、その授賞式で紹介した良寛の歌です。彼は良寛を「日本の神髄」と語りました。村の子どもたちと手まりやかくれんぼで戯れる良寛さんは、私たちにとって馴染み深い存在ですが、「老いても童心を持ち続けた良寛」は、あまたある良寛像の一つでしかありません。人の数だけの良寛像があり、どれほど近づいてもまだ真の姿を見せてくれない。それが没後170年以上を経てもまだ人々を魅了し続ける理由なのかも知れません。



生い立ち

良寛堂

出雲崎町の良寛の生家跡に建つ良寛堂。大正11年に竣工し、お堂の中には良寛が持っていたとされる地蔵が納められています。

 良寛は新潟県出雲崎市の名主、橘屋山本家の長男に生まれました。生年は諸説ありますが、1750年代のことです。当時出雲崎は佐渡金山から運ばれる金の積み降ろし港として天領になっており、山本家は武士と同じように刀をさすことを許され、出雲崎の由緒ある石井神社の神官を兼ねる家系でした。江戸帰りの朱子学者大森子陽(おおもりしよう)の私塾で学んだ後に名主見習いとなりますが、幼少期の良寛(栄蔵のちに新左衛門文孝(ふみたか))は「昼行灯(ひるあんどん)」と呼ばれ、ぼんやりしたつかみ所のない少年だったと伝えられています。

 天領の名主の役を果たさなければならなかった良寛は、20歳前後で出奔し出雲崎町光照寺(こうしょうじ)(曹洞宗)に入門、剃髪(ていはつ)してしまいます。その後同寺を訪れた高僧、備中玉島の国仙(こくせん)に師事して円通寺(岡山県倉敷市)に行き、そこで修行を積みます。30歳を過ぎて国仙和尚から印可を受けて後は諸国を放浪し、40歳のころ越後に戻り国上寺(こくじょうじ)境内の五合庵に入りました。その間に、実家は弟の由之(ゆうし)が継いでいましたが、父の頃から傾いていた実家橘屋はさまざまな不幸に見舞われていました。母は亡くなり、隠居して京に旅に出ていた父以南(いなん)は旅先で入水自殺をしていました。


五合庵

三条は宝塔院の隆全を始め、良寛の友人が多い町でした。良寛の没後、初めての良寛詩碑を建てたのも三条の人々とされています。市立図書館前には、心地良さそうな良寛の像が建っています。

 五合庵時代から既に、著名な書家や学者が訪ねて来たり、長岡藩主から寺の住職になってほしいと頼まれたりと、良寛は江戸にまで名の届く存在になっていました。そして晩年は長岡市(旧和島村)の木村家に世話になります。

 この頃の良寛の逸話は、常に穏やかでほほえましいものですが、当時の世相は決して穏やかではありませんでした。度重なる飢饉で越後各地でも一揆が起こり、外国船が日本各地を脅かし、良寛がよく訪ねていた三条では大地震が起きています。良寛がそれらに心を痛めていたことは、詩や歌からうかがい知ることができます。

 良寛が貞心尼(ていしんに)と出会うのは、亡くなる数年前のことです。二人の間で和歌が交わされ、後に「はちすの露(つゆ)」にまとめられる二人の交流は、多くの人が師弟愛ではなく40歳違いの恋であったとみています。当時は既に病を自覚していた良寛は、1831年、貞心尼と弟、弟子にみとられて亡くなりました。

 


投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve