新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-18 雪国の暮らしと文化 ~全国一の人口を抱えた雪国

file-18 雪国の暮らしと文化 ~全国一の人口を抱えた雪国



雲蝶作品を巡る

 明治の半ばまでは都道府県別で全国一の人口を誇っていた新潟県。そこには雪国の豊かさがありました。



 新潟県は明治26年ごろまでは全国一の人口を抱えていました。この時期は、まだ都市化や工業化が進まず、多くの日本人が農業で生計を立てていたため、農業県である新潟に人口が集積していたものと考えられます。言うまでもなく本県の農業の中心は稲作です。そして、稲作に欠かすことのできない水が豊富にあるのは雪のおかげでもあります。山の雪解け水があるので、山間部でも容易に水を確保し棚田が作られ、また、平野部でも豊富な水をたたえることができました。

 関東、関西で雪が歌や俳句に詠み込む風物でしかなかった江戸時代、雪害のすさまじさを世に知らしめたのは鈴木牧之の「北越雪譜」ですが、当時の新潟県の人口の多さを見る限り、それを補って余りある豊かさを、雪はもたらしていました。


投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve