新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-31 石川雲蝶が歩いた道 ~ 雲蝶作品を巡る

file-31 石川雲蝶が歩いた道 ~雲蝶作品を巡る



雲蝶作品を巡る

八海昭夫さん

西福寺の廊下を指さす八海昭夫さん。玄関から開山堂へ向かう途中にある最初の見どころだという。


埋木細工

指をさした先にあるのは材木の節など、後に抜けそうなところへ施した埋木細工。複数あるので見落とさずに歩いて下さい。

 石川雲蝶の作品は県内各地に残されていますが、特に、魚沼市と南魚沼市には見応えのある大きな彫刻が集中しています。魚沼市で石川雲蝶ボランティアガイド養成の講師をされた八海昭夫さんに、みどころをうかがいました。

 「まず最初に見てほしいのは廊下なんですよ」と八海さんは西福寺(魚沼市大浦)本堂の廊下でしゃがみこみます。いずれ穴が開きそうな節に、埋木細工が施されてあります。あけびや船など形はそれぞれで、ところどころに点在しています。その廊下をまっすぐ進むと、天井いっぱいに彩色彫刻が広がる開山堂。天井を見上げながらじっくり探してゆくと、ある場所に天女の彫刻があります。「天女といえば永林寺(魚沼市根小屋)ですけど、ここにもあるんです。彩色はされていませんが、雲蝶の場合、彩色を施していない彫刻の方が腕が冴えていることが多い。自信の持てる仕上がりの時は彩色しなかったんじゃないでしょうか」とのこと。

 雲蝶の彫刻は、人も龍も獅子も、目があるものにはその多くにガラスの目玉をはめ込んでいますが、開山堂の彫刻は目玉が片方、もしくは両方落ちているものが多数あります。八海さんによれば「子どもがいたずらして取ったんです。開山堂の階下は、昔小学校の教室だったんですよ」とのこと。ぶら下がって腕が折れてしまったという仁王像(修復済み)の、折れたところを探すのも一興です。

 「置き方が無造作ですが、拝殿を隙間から覗くと神馬の彫刻があります。雲蝶作品としては珍しいのでぜひ」とおすすめするのは、雷土(いかづち、南魚沼市雷土)神社。小さなお堂ですが、神社がある雷土集落は西福寺再建の大口寄進者として雲蝶のスポンサーの一人であった豪農上村利左衛門の村です。穴地十二社(あなちじゅうにしゃ、南魚沼市穴地)は拝殿の彫刻がおすすめ。荒々しい一刀彫りと言うべきか、作業途中と言うべきか「下書きの墨が引かれたままなんですよー」と八海さん。

 そして八海さん一番のおすすめは龍谷寺(南魚沼市大崎)。「雲蝶は北斎の筆致をモチーフに取り入れているんですが、ここの欄間の波はまさにそれです。構図と遠近感が見事でどれだけ見ても飽きないですね」と絶賛。欄間彫刻は表裏に別の図柄が描かれていて、裏へ回ると小さな蝶が彫られています。「自分の名前にも通じる蝶を、どんな気持ちで彫ったのか」と考えるのも楽しいと言います。

 西福寺、雷土神社、穴地十二社、龍谷寺は、車で2時間ほどでまわれる距離にあります。又、雲蝶が13年滞在したといわれる永林寺も必見です。

龍谷寺の欄間彫刻
龍谷寺の欄間彫刻。こちらのお寺は特に拝観時刻や拝観料などは設けていませんが、住職が在宅していれば見せてくれます。



次ページ → 足跡と越後の町

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve