新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-76 越後と親鸞

file-76 越後と親鸞

  

親鸞という人

誕生から配流まで

 平安時代も終わろうという1173(承安3)年、京都・日野にて日野有範(ひのありのり)の長子として誕生。4歳で父と、8歳で母と死別した後、1181(養和元)年、9歳で出家・得度(とくど)します。以後、29歳までの20年間、堂僧として修学の日々を比叡山で過ごすことになります。
 1201(建仁元)年、親鸞29歳のとき、これまでに悟りの道を見いだすことができなかったことから比叡山を下り、京都東山で教えを説いていた浄土宗の開祖・法然(ほうねん)聖人を訪ね、弟子入りします。当時、法然聖人の教えは広く民衆に受け入れられて信者も多かったのでしょう、信心を恐れた旧仏教教団は朝廷を動かして激しく非難しました。1207(承元元)年、法然の専修念仏(せんじゅねんぶつ)は説くことを禁止され、ついに流罪となります。師の法然は四国へ、35歳になった親鸞は越後へと配流が決まったのです。

越後に住んでいた親鸞

親鸞が上陸した居多ケ浜

親鸞が上陸した居多ケ浜。高台の見晴らし台から見下ろすことができる。

竹之内草庵

上陸後、最初に住まいしたといわれる五智国分寺本堂脇の竹之内草庵。

 京都を追放となった親鸞は、北陸道を下り、現在の糸魚川市(旧能生町)から船で上越市直江津の居多ケ浜(こたがはま)に上陸。約1年を五智国分寺の竹之内草庵で過ごし、次に移り住んだのが現在の国府別院の地である竹ケ前(たけがはな)草庵です。
 僧籍を取り上げられ、俗人の藤井善信(ふじいよしざね)として追放された親鸞ですが、実は親鸞という名は、この配流を機に、越後時代から愚禿親鸞(ぐとくしんらん)と名乗ることになったのだそうです。
 1211(建暦元)年11月、越後に住まいして5年後のこと。法然とともに赦免となった親鸞は、師との再会を願いつつも時期的に豪雪地帯の越後から京都に戻ることができなかったそうです。その2年後に師であった法然が亡くなり、もはや再会はかなわないと知ってそのまま越後に留まります。
 1214(建保2)年、親鸞42歳。関東での布教活動のため恵信尼(えしんに)をはじめ、家族や門弟たちとともに越後を離れます。行先は信濃善光寺などを経て常陸の国へ。

そしてその後

  親鸞展・ビジュアル

国宝・重要文化財11点を含む約200点のゆかりの品々が展示されています。中でも、熊皮御影(くまがわのみえい)の名で知られる奈良国立博物館所蔵「親鸞聖人像」(国重文)や、親鸞の頂骨を納めた舎利塔=六角宝塔(上越市浄興寺所蔵)は必見です。

新潟県立歴史博物館・前嶋 敏さん

新潟県立歴史博物館・前嶋 敏さん
新潟県立博歴史物館に勤務して14年。主に日本中世史を担当しています。最近では戦国時代に関する研究を中心に活動しています。今回の親鸞展は、親鸞の時代から近現代までの新潟の浄土真宗の歴史をたどろうとしているので、往時からどのようにしてつながるのか、全体的な流れを感じていただければと思っています。

 越後から信濃善光寺を経て常陸に入った親鸞は、以後20年間を精力的に布教に努め、主著となる『教行信証』を書き始めます。
 やがて60歳を過ぎたころ、妻子を伴い京都に帰ります。帰京してからは書き進めていた『教行信証』を完成させ、ほか数々の書物もこの時代に著しています。
 1262(弘長2)年の11月28日、多くの人々が見守る中で親鸞は90歳の生涯を閉じます。
 ところで、親鸞と結婚し、越後から常陸、京都へと同行したといわれる恵信尼ですが、親鸞も恵信尼も果たして実在したのかどうか、とまで言われたこともあったようです。驚いたことに、何世紀も経た1921(大正10)年に真実が明るみに出ることになるのです。
 恵信尼は、親鸞が亡くなる数年前に末娘の覚信尼(かくしんに)に親鸞の世話を任せ、郷里の越後・板倉に帰っています。その当時に、京都にいる覚信尼に宛てた文書『恵信尼消息』10通が、時を超えて西本願寺の宝物庫から発見されたのです。その書状の内容が親鸞の歴史を裏付けていることから、実在したことが証明されたそうです。

越後の風土にもたらした親鸞の影響

 長岡市にある新潟県立歴史博物館では、現在「親鸞となむの大地」と題した特別企画展(4月26日~6月8日)が開催されています。
 この特別展でお披露目になったのが、親鸞や恵信尼が実在する証明になったという「恵信尼の書状」です。この恵信尼直筆の手紙(西本願寺所蔵・国重文)が、実に750年ぶりに里帰りを果たしています。
 関わりといえば、配流された親鸞は越後にどんな影響を残したのでしょうか。この特別展に携わった歴史博物館の前嶋敏さんに伺うと、
「この時代に書かれたものが残されているわけでもないので、ゆかりの書や伝説などから推測して語ることしかできませんが、親鸞は越後で一つの転換を迎えたのではないでしょうか。親鸞の信心が強く固まっていったのが越後での7年間だったといわれています。
新潟県内の宗派においては、浄土真宗が実に4割も占めているそうです。江戸時代、真宗門徒が開発のために越後入りしていますから、そこからどんどん広がっていったのでしょう。
親鸞は越後で転換を迎え、その親鸞によって、開拓や開発に必要な粘り強さ・勤勉さという今の県民性に通じる精神が培われていった――そのような考え方もできるのではないでしょうか」
 確かに、そう推測しながら親鸞展に臨めば、宗教色を超えて、私たちが住む農業王国・新潟の形成に深く影響した歴史上の人物として、親鸞をもっと身近に感じることができるようです。

新潟県立歴史博物館
新潟県立歴史博物館
新潟県の歴史・民俗の紹介と、縄文文化を研究・紹介する博物館。常設展示室、企画展示室、レストラン、体験コーナー、ショップなどを備えた一大ミュージアム。

長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2
℡0258-47-6130



次ページ → 親鸞を訪ねてみよう

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve