新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-78 にいがたの城下町(後編)

file-78 にいがたの城下町(後編)

  

市民が中心となって甦った新発田城

平地に建つ珍しい城

  桜の柴田城址公園

新発田城址公園は新発田市を代表する桜の名所。お堀端に並ぶように咲く桜とお城のコントラストは情緒満点です。

 別名「あやめ城」として地元住民に親しまれている新発田城は、日本100名城に選定されているほか、国指定重要文化財にも指定されている新発田市のシンボルです。
 一般的に城といえば山城をイメージしますが、新発田城は政治・経済の中心として交通の便利さなどを考え、平地に作った平城です。隙間なく積み重ねられた「切り込み接ぎ布積(きりこみはぎぬのづみ)」と呼ばれる石垣は、美観を重視した非常に高い技術のあらわれであり、現代でも石垣積の頂点と言われています。

完成まで50年

 
   
日本百名城の碑

知名度や歴史上の重要性、復元の正確性などを基準に選定される「日本100名城」であることを示す石碑。

 
   

 新発田城は初代新発田藩主溝口秀勝(みぞぐちひでかつ)侯が1598(慶長3)年に築城し、3代宣直(のぶなお)侯のときに完成しました。築城に50年という長い年月を費やした、珍しい城です。米どころとして知られる新潟ですが、当時の新発田はほとんどが低湿地で、お世辞にも米づくりに適しているとは言い難い状態でした。そんな中、領民の生活の安定を図るのが先であると、城作りは後回しにしたのです。こういった動きは、全国でも極めて稀だといえます。溝口氏が外様大名でありながら、戊辰まで十二代にわたり、一度も国替えが無かったということは、新発田藩においては実に安定した治世が行なわれてきたということを知ることができます。    

   
取り壊し前の新発田城三階櫓
   

明治初年頃の新発田城三階櫓
三匹の鯱(しゃち)が特徴の三階櫓。現在の新発田城址公園では、当時の姿をそのまま復元した三階櫓を見ることができます。(写真提供:新発田市教育委員会)

   
 

市民の声で実現した復元

 新発田城はその構造物のほとんどが、明治政府の城郭破却令(じょうかくはきゃくれい)によって取り壊されてしまいました。その中残った本丸表門と旧二の丸隅櫓を中心とするお城周辺は、多くの住民に親しまれていました。そして長い間、建物の復元を望む声が上がっていたのです。
 平成13年7月、その声がついに形となりました。新発田城を愛す会、新発田市自治会連合会、新発田城三階櫓再建期成同盟、寺町・清水谷地区まちづくり協議会、新発田歴史塾「道学堂」の5つの市民団体が集結。新発田城の復元に向けて進もうと「新発田城三階櫓・辰巳櫓の復元を推進する会」が設立されました。
 会のメンバーは、市民の声を形にするべく署名活動を開始。その結果、市民を中心に近隣住民、県外に住む新潟県人、お城愛好家などから3万名余の署名が集まり、同年12月、新発田市長へ提出されたのです。
 こうして新発田城の復元作業が始まりました。全国各地にある城は、実は当時の建物をそのまま再建したものは少なく、想像の部分が含まれるものが多いのですが、新発田城は場所もそのまま、工法も当時と同じ、大きさも原寸に基づいて再建された数少ない城でもあります。幸運にも古写真等多くの資料が残っていたため、全国的にも恵まれた復元作業となったのでした。
 作業に携わった職人たちの技は見事の一言でした。大量の大きな木材を調達、加工し、複雑な継ぎ目部分も釘を使わず全て伝統工法で結合するなど、木組み・壁・建具・瓦・鯱等全ての工程を通じ伝統工法がしっかりと継承されたのです。
 こうして市民と職人、行政の思いが一つとなり、平成16年、三階櫓と辰巳櫓が復元されました。  


復元から10年

 
諸橋晃さん(新発田城を愛す会・代表)

「新発田城を愛す会」会長の諸橋晃さん
「新発田城を愛す会」発足当時から現在まで会長を務める諸橋さんは、新発田生まれの新発田育ち。「新発田城は子どもの頃から憧れの存在で、甦った三階櫓と辰巳櫓は何度見ても飽きない」と語る目は輝いています。

 

 三階櫓と辰巳櫓の復元に向け活動を行ってきた「新発田城を愛す会」会長の諸橋晃さんは、三階櫓の屋根にある三匹の鯱に注目してほしいと話します。実は鯱が3匹乗っているのは全国でも新発田だけとのこと。「どうして3匹なのか確かな根拠はなく諸説あります。鯱の向きで方向を把握していたことから、3匹にすることで方向を把握しにくくしていたという話が、私にはしっくりきているんですよ」と諸橋さん。その他、外壁下部に使われている黒く四角い物は「海鼠(なまこ)壁」という積雪寒冷地特有のもので、お城では金沢城と新発田城で見ることができますが、西国の城には見られないものです。
 この立派な城の再建に汗を流した日々の苦労については「何も大変なことなんてないさ。新発田生まれ新発田育ちの新発田っ子だから、子どもの頃からお城が大好きだったというだけ。全国的に見ても新発田城の復元レベルはとても高いんですよ。だからそのことをもっと知ってもらいたいし、地元の人も“我が町の城”だと誇りに思ってほしいですね。」
 完成から今日まで、三階櫓と辰巳櫓は諸橋さんら「新発田城を愛す会」をはじめ、市民団体や地元の小中学生が定期的に清掃活動を行っています。維持にも市民が大きく関わっているのです。特に、年末に行われる「新発田城市民年末清掃」は日本一の規模だそうです。
 今年は三階櫓・辰巳櫓の復元完成からちょうど10年。節目の年を記念して、市民から希望者を募り、普段見ることのできない三階櫓の中を一般公開しました。今後も数々の催しを予定しているとのことです。



次ページ → 新発田に今も残る城下町の風情

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve