新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-90 近世・近代の物流を支えた北前船

file-90 近世・近代の物流を支えた北前船

  

-一攫千金を夢見た時代-

  
  「大船絵馬」

白山神社に奉納されている「大船絵馬」(「みなとぴあ」にて復元・複製して展示)。嘉永5年(1852)、豪商市島家が年貢米輸送の安全を祈願して奉納したもので、北前船も描かれている。

 江戸時代中期から明治まで、北海道から新潟、大阪へと、日本の西側・日本海を航海して物流の一翼を担った北前船(きたまえぶね)。

 江戸時代になると、幕府や諸藩の年貢米を船で遠くへ運ぶことは普通に行われていました。そうした中で、領地の産物の交易をして成り立っていた松前藩(現在の北海道松前町にあった藩)は、その流通や販売を近江(現在の滋賀県)の商人に任せるようになります。最初は商人の依頼で遠隔地に荷を運ぶだけだった船がやがて独立し、自らが商いを行う「北前船」へと発展します。

 まさに「一攫千金(いっかくせんきん)」を実現できる船の誕生で、多くの船主や船頭が商いを行い、あるものは夢をかなえ、あるものは夢破れて消えていきました。近世・近代に見る北前船の栄枯盛衰。

 今回の特集では、北前船の活躍と新潟湊(にいがたみなと)をはじめとする県内の物流、北前船が人々の暮らしにもたらしたものをひもときます。


北前船は、海を行く総合商社!?

北前船(弁才船)の模型

「みなとぴあ」にある北前船(弁才船)の模型。小規模の船はわずか3~4人で運行されていた。


パネル

「みなとぴあ」には北前船の航路を大きなパネルで紹介した展示などもある。

 北前船とは江戸時代中期に登場し、明治中期にかけて日本海を航行した木造帆船のことです。でも、それは西日本での呼び方で、新潟では「回船(かいせん)」と呼んでいました。船の形は、巨大な帆を張って風力で動く弁才船(べざいせん)。少人数で多くの荷物を、しかも比較的安全に輸送できる船として、日本海の海運の発展に一役買ったのです。

 北前船には大きな特徴があります。それは、荷物を運んで運賃を得るだけの船ではなく、荷物を買って運んで売る「買い積み」が主体の船であること。つまり、商売をする船だったということです。

 では新潟の港では、どのようなものが積まれ、そして降ろされたのでしょう。

 新潟の港と北前船との関わりに詳しい、新潟市歴史博物館の副館長・伊東祐之さんに聞きました。
 「積み込む商品で最も多かったのは、なんといっても米です。それを主に北海道や関西へと運んでいました。仕入れていたものは、山陰や関西から輸送される鉄などの原材料。それらは新潟の港から三条などへ行き、製品になったと考えられます。日常品として多かったのは塩でしょう。人々の生活には欠かせないものとして、会津のほうまで流通したといわれます。また大阪からは、庶民が身につける古着なども多く入ってきたようですね」。

 稲作を行わない北海道には、当然ながら藁(わら)もないため、新潟湊からはよく畳も運ばれたと言います。「とは言え、新潟には藁が山ほどあっても畳表(たたみおもて)がない。それを瀬戸内などから仕入れて、職人が仕事をし、畳に仕上げて北海道へと輸送していたようです。このように、港町ゆえにさまざまなところから集まる原材料に付加価値を加え、しかるべき場所に運ぶという、新潟は職人の町でもあったんですね」。

 新潟では米は安いけれど北海道では高く売れる。北前船の商売は、この「価格差」を前提としたものだけに、儲かるか否かは船頭の才覚がカギを握っていました。必要なのは、情報収集能力と、商機を読むセンス。
 「例えば、飢饉(ききん)になれば米の値段は一気に跳ね上がります。そういう情報をいち早く仕入れ、米不足になることが予想されるところに商品を持っていく。つまり、情報をもとに、どこで何を仕入れ、どこで売るかを考えて航路を描くことが船頭には求められたんです」と伊東さん。なるほど、北前船は今で言う総合商社のような役割を担っていたわけです。
 「それが一攫千金の北前船ロマンにつながる部分。ひとつの航海で千両稼ぐことも夢ではない反面、難破したら船も荷物も失ってしまう。まさにハイリスクハイリターンの商売だったということですね」。
 

新潟の寄港地と北前船ロマン

「航海図」

「航海図」北前船の航路と主な寄港地。この航路を通じて、日本各地がつながっていた。


伊東祐之さん

新潟市歴史博物館みなとぴあ・副館長の伊東祐之さん。「一攫千金を夢見た北前船のロマンが魅力ですね」と笑顔で語る。

 北前船の寄港地として栄えた港は、県内にいくつかあります。信州(現在の長野県)への窓口となった直江津、中越地方の拠点の一つ柏崎、日和(ひより)待ちとしても大切な港だった佐渡小木、佐渡と関係の深い出雲崎や寺泊、県北や米沢とつながる岩船などがそうです。

 「北前船の商売は、関西や北海道といった遠くから物資を運ぶだけで成り立っていたのではありません。県内のそれぞれの港から新潟に物を集める船や、新潟に運ばれてきた商品を中小の港に運ぶ船があって、商売ができたのです。そういった地域の経済圏があり、拠点となる新潟湊から全国へとつながっていたと考えられます」(伊東さん)。

 北前船は寄港地に着くと、毎回決まった回船問屋(かいせんどんや)に世話になることが決められていました。「世話になる」というのは、港に滞在する期間に寝泊まりし、商品の売買を仲介してもらうこと。回船問屋は船頭を儲けさせてあげられるように売り先を選び、またさまざまな情報を提供して北前船の商売を支えていたといいます。

 「混同されがちですが、回船問屋と北前船の船主は別です。中には回船問屋でありながら北前船を持って商売をしていた家もありますが、多くはありません。そもそも新潟には船主自体が比較的少なかったようです」と伊東さん。新潟には米という主力商品があったため、黙っていてもそれを買いに来る船がある。わざわざリスクの高い商売に手を出す必要がなかった、というのがその理由だったようです。

 そんな新潟県にも、実は有名な船主がいました。それは能生の伊藤助右衛門。最大で9隻もの船を持ち、主に北海道と行き来して、米を売り、海産物を仕入れて富を築いていったといいます。
「伊藤家はその後、北海道に支社を構えるなどして得た資金を元手に、地元頸城に銀行を興しました。また地主としても大きくなり、有力な資本家へと成長します。新しい時代が来て衰退していった船主が多い中、近代的な資本主義に対応し、その出発点となり得た名家だと言えるでしょう」(伊東さん)。
 この伊藤家こそ、ひとつの航海で千両を稼いだという伝説の船主。「北前船ロマン」の体現者でもあったのです。



次ページ → フロンティア精神の系譜・小澤家

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve