新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-2 佐渡の能
特集 File02
撮影:中村 脩

file-2 佐渡の能


 世界遺産にも登録された日本独特の芸能、能楽。世阿弥によって作り上げられた世界観は足利義満に始まり、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康や時々の為政者に愛好され、武士の芸能として広まりました。しかし、ここ佐渡では農民の芸能として生活の中に根を下ろし、今も島の人々に愛されています。かつては200もあったといわれる能舞台。現在も33の能舞台が残っています。これは日本全国の能舞台の1/3という数です。そして春には一斉に薪能が舞われ、神社の祭となればまた舞われます。大変ユニークな佐渡の能文化をご紹介します。


世阿弥、佐渡遠流

べしみと呼ばれる面

正法寺に伝わるべしみと呼ばれる面。能成立以前の面で、世阿弥が持っていたとも伝えられる。諸説はあるが、県内では現存する最も古い面である。県指定文化財。

 1434年、能の大成者世阿弥は旧畑野町多田の浜に降り立ちました。この時72歳。最初は現在の市役所近くにあった万福寺に預けられ、ほどなくして正法寺に移されました。この寺で世阿弥が舞を奉納した記録が残っています。

 佐渡に流される人々は、承久の乱で流された順徳上皇日蓮がそうであったように政治犯でした。佐渡にある限りは比較的自由な暮らしが許されていましたが、一度の奉納舞を除けば世阿弥が佐渡で能を披露したという記録はなく、人々に能を広めた形跡もありません。

 世阿弥の罪が許されたのは、彼を罰した足利義教が暗殺(1441年)されてまもなくのことでした。しかしその何年か前からの世阿弥の足取りは、今も謎とされています。佐渡で亡くなったとも、帰京し何かと世話をしてくれていた娘婿の金春禅竹の元へ身を寄せたとも、あるいは別のどこかで亡くなったともいわれます。
 佐渡で彼は「金島集」を著しています。この写本が発見されたのは明治41年。発見したのは阿賀野市出身の地理学者吉田東伍でした。これが「世阿弥十六部集」として発表され、世阿弥と佐渡とのつながりが世に知られるようになったのです。


初代佐渡奉行 大久保長安

春日神社能舞台

06年相川で再建された春日神社能舞台。かつて春日神社にあった能舞台は既に知る人がなく、羽茂にあった能舞台の一部を移築して建設。当初の姿ではない。住民らの手によって寄付を募っての再建となり、現在も寄付を募集している。

 相川で金が見つかった1601年以降、佐渡は遠流の島から天領に変わり、その中心地相川は世界的な人口周密地域になってゆきました。その礎を築いたのが1603年に佐渡代官として赴任した大久保長安です。彼は武田信玄に仕えた猿楽師の息子に生まれ、徳川家康に才を認められて石見銀山などの開発を手がけましたが、能を愛好することでも知られていました。尤も当時の武士の間では豊臣秀吉が能好きで知られていたように珍しいことではありません。大久保長安就任以前も、守護代として実質的に佐渡を支配していた本間氏が能楽師を招いたことが知られています。

 長安は就任翌年の1605年、自ら建立した春日神社で能を奉納します。舞ったのは彼が大和から招いた常太夫と杢太夫。両名はその後も相川に留まり、人々に能の手ほどきをしたと伝えられます。


投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve