新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-7 鮭の子、はらこ ~村上の鮭文化~
特集 File07

file-7 鮭の子、はらこ ~村上の鮭文化~


 鮭文化圏と鰤(ぶり)文化圏という言葉がありますが、新潟県は富山県に接する糸魚川市と佐渡市を除いて鮭文化圏に属します。その中でも県北部の村上市は他の追随を許さないほど鮭を大切にする地域。世界で初めて鮭の人工増殖を行ったのも村上でした。村上と鮭の長くて深い、そしておいしい歴史をご紹介します。


村上限定!鮭にまつわるいろいろ

 ここでご紹介するものは、同じ新潟県でも村上以外では通じません。村上の鮭文化の一端をのぞいて下さい。

イヨボヤ
ヨーボヤ貧乏
鮭の子
えびす様
どんびこ



税は鮭

塩引鮭

秋から冬にかけてまちのいたるところで、家々の軒先に頭を下にして吊された塩引鮭の姿が見られる。腹の部分を2段に分けて切るのは「切腹」を嫌った旧村上藩の名残りと言われる。

 7世紀に定められた延喜式目(えんぎしきもく)によれば、米以外で国家に納める税は鮭と決められていました。保存性が高いこともあり、京ではたいへん珍重されるものだったようです。「楚割(そわり)」は腹を割いて塩干ししたもの、「鮭内子(こごもり)」は塩干しした鮭の腹に塩干しした魚卵を戻したもの、「背腸(せわた)」はわたの塩辛のことで、何をどれだけ納めるかが決められていました。これは村上に限ったことでなく越後国全域で行われていました。佐渡は現在は新潟県ですが、当時は佐渡国という別の国。こちらは鮭ではなくアワビだったそうです。平安時代の世情について書かれた「新猿楽記」には、越後国の特産として鮭と漆が挙げられています。税が鮭でしたが、贈り物もやっぱり鮭。村上藩は参勤交代といえば立派な鮭を山ほど携えて江戸に上ったそうです。


投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve