新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-7 鮭の子、はらこ ~村上の鮭文化~
特集 File07

file-7 鮭の子、はらこ ~村上の鮭文化~


明治生まれの鮭の子

 種川の制の成功で財政を潤した村上藩ですが、時は幕末。奥羽越列藩同盟に加わった村上藩は戊辰戦争で新政府軍と戦うことになります。長岡が落城し、政府軍は村上に近づいてきました。この時の藩主信民はわずか19歳。先代藩主信親は江戸にいる間に戦争が始まり領国に戻れませんでした。藩内は佐幕派と恭順派に別れて収拾がつかず、幼い藩主は自害。佐幕派だった家老鳥居三十郎はこの時、恭順派は留め置き徹底抗戦を望む藩士だけを連れて城を出ます。そして米沢との国境で政府軍と交戦。城に残した恭順派にはに火をつけさせて恭順の意を示させました。村上藩はこうして、城下の町と種川を無傷で残しました。ただし鳥居三十郎がそこまで見越していたかどうかは、確証はなくたまたまそうなったということかも知れません。ただ、交戦派が城に留まっていれば、町は長岡と同じように焼き尽くされたことは確かです。


居繰網漁

村上で古くから受け継がれてきた伝統的な鮭漁法「居繰網漁(いぐりあみりょう)」。

 無傷で残り、鮭が常と変わらず遡上してきた種川は、町の人にとって大きな希望となったことでしょう。生き残った旧藩士は、生活に窮乏し種川の鮭の漁業権を得ようとします。旧藩士にしてみれば、種川の整備は藩で行い守ってきたものという自負もあります。明治7年にこの願いは時の大蔵卿大隈重信に許され、5年間という条件付きで独占が認められました。その後永年漁業権を認められて、昭和23年まで続きます。その間アメリカから人工ふ化の技術を導入して日本で初めて成功。明治17年には73万7378尾を捕獲。これは日本国内の単一河川では新記録です。この時には遡上する鮭の群れに竿をさしたら、竿が立ったまま川を上ったという逸話が残っています。

 旧藩士たちは、これで得た収入を子弟の教育に費やしました。明治12年に当時としては珍しくバルコニーを備えた本町小学校を建設。さらに中学校を私学として設立します。後に県立村上中学校となりますが、私学の間は授業料が破格の安さに設定されていたといわれ、ここの卒業生を「鮭の子」と呼ぶようになりました。卒業してさらに上の学校に進む子弟には奨学金を与え、その中には法務大臣となった稲葉修(1909-1992)がいます。戊辰戦争後の長岡藩が、三根山藩から贈られた米を食べずに教育のために使ったという史実が「米百俵」として知られていますが、旧村上藩士は「こっちは学校を建てた上に奨学金も出したのに」と、長岡の方が知名度が高いことに首を傾げます。

 その他公益事業や村上城址の植林整備、公益事業などにも乗り出し、村上の復興に貢献しました。もっとも鮭の子に関しては旧藩士の子弟しか恩恵が受けられず、町方とはずいぶん争ったという記録も残っています。しかし鮭と種川を大事に思う心に違いはないようで、村上の人に鮭のことを訊ねるとどれだけ時間があっても足らないのです。


リンク
  • イヨボヤ会館
    日本で最初の鮭の博物館です。復元された種川沿いにあり、館内を歩いてゆくと川底が見れる観察自然館があります。11月ごろ訪れ運が良ければ鮭の産卵シーンを見ることができます。
    http://www.iwafune.ne.jp/~iyoboya/

  • 鮭の帰る町村上
    村上市のサイトです。伝統漁法や鮭料理などの紹介があります。
    http://www.city.murakami.lg.jp/site/kanko/tokusan-sake.html

  • 村上市観光協会
    新潟県北部の中心地として栄えてきた城下町、村上市。その面影は、曲がりくねった路地や昔ながらの町名にも色濃く残っています。日本海の情緒あふれる景観に加えて「瀬波温泉」は、村上地方の旅の拠点として有名です。また、四季折々の味覚も魅力で、中でも秋の鮭料理は絶品。三面川の恵みを百種類もの料理で活かし、「鮭なら村上」という揺るぎない評価を受けています。
    このホームページでは鮭料理の紹介があります。
    http://www.sake3.com/

協力
  • イヨボヤ会館
鮭の子参考文献
  • 新潟県史 通史1
  • 村上市史 通史2
  • 村上市史 通史3
  • 「三面川の鮭の歴史」鈴木鉀三著 平成13年 (財)イヨボヤの里開発公社
  • 「三面川サケ物語」須藤和夫著 1985年 朔風社
  • 「越後村上写真 三面川の鮭」横川健著 2005年 朝日新聞社 

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve